理想の動作・フォームを身につける

理想の動作・フォームを身につける記事一覧

  1. 守備_バウンド

    野球の守備 ショートバウンドの合わせ方のコツ

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。

  2. 投球フォーム 肘下がりを矯正する一番シンプルな方法

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。ここまで3回にわたり、投球フォームの基本中の基本である「肘を下げない!」ということを解説していきました。

  3. フリーキック

    フリーキックの名手になるコツ 「イメージフィードバック法」

    アンドレア・ピルロ選手「インサイドで蹴ることもあるし、特殊な形でボールが落ちるように蹴るときもある。その瞬間によるんだ。自分がどう感じるかだね。壁やゴールの距離に注意する。ほかに秘密はないよ。足の動きかな。

  4. 大谷投手とダルビッシュ投手の身長以上に重要な共通点

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。今回の記事は、世界を代表する投手であるダルビッシュ有投手と二刀流で革命をプロ野球に革命を起こしている大谷翔平投手についてです。

  5. 長さ張力曲線

    ボレーの名手と言えるサッカー選手:ファン・ペルシーから学ぶ

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。サッカーのボレーシュートと言えば、この選手。

  6. 少年野球_打撃

    野球の上達のコツ:打撃の極意は内角打ちにあり

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。今日は内角打ちについて、メジャーの最強打者と呼ばれるミゲル・カブレラ選手の動画を紹介します。まずこちらをご覧ください。

  7. 利き足,成長痛

    小学生のサッカー上達法は脳神経への刺激的変化に尽きる!

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。いつも記事をご覧いただきありがとうございます.今日は小学生のサッカー上達のポイントとして大切なお話をしたいと思います。

  8. サッカー 競り合い

    ネイマールとメッシのドリブルの秘密は脳にあった!その鍛え方のカギは?

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。ネイマール選手、2014W杯では残念な結果でしたが、離脱前のパフォーマンスは素晴らしかったですね。

  9. 軟式のバッティング練習はこれをやってホームランを打て!

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。前回、軟式ボールでホームランを打つには、プロ並の圧倒的なパフォーマンスか、軟式ボール仕様の打ち方が必要という話をしました。

  10. 素振りの効果や意味はない?筋肉もつかない? 野球のコツ

    いいか!この冬にどれだけバットを振れるかが勝負だ。

診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ