理想の動作・フォームを身につける

理想の動作・フォームを身につける記事一覧

  1. 軟式のバッティング練習はこれをやってホームランを打て!

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。前回、軟式ボールでホームランを打つには、プロ並の圧倒的なパフォーマンスか、軟式ボール仕様の打ち方が必要という話をしました。

  2. 素振りの効果や意味はない?筋肉もつかない? 野球のコツ

    いいか!この冬にどれだけバットを振れるかが勝負だ。

  3. 野球 バッティングで打てない!!その原因がタイミングならこれだ!

    監督「んー、なんで、あいつはこうも打てないんだ!?」コーチ「いや、スイングは本当にきれいですし、パワーもあるんですよ」監督「それは俺も同感なんだが、どうしても、タイミングをすぐにずらされるよな・・・」コーチ「そうなん...

  4. 内川選手のバッティングの理論的説明

    内川選手のバッティングを理論的に解説 ふところの深さに迫る!

    「歴代の日本プロ野球史上、No.1の右バッターと言えば?」この質問に対する答えは人それぞれだと思います。僕の個人的なイチオシは内川選手です。

  5. 小脳の働きを理解することはスポーツ上達に必須!専門医解説

    こんにちは、スポーツ整形外科の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。理想のフォーム、動きを獲得するための最重要臓器はなんでしょうか?タイトルの通り「小脳」なんです。

  6. 野球 なぜ投げ方の矯正ができないのか?

    監督「あいつの、あの投げ方、なんとかならんのか!?」コーチ「はい、口酸っぱく言ってるんですけど・・・」こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。

診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ