医師による野球肘ガイド

医師による野球肘ガイド記事一覧

  1. ピッチング フォーム 野球

    少年野球も投球数制限が必要! MLBガイドラインから学ぶ

    監督、まだ投げられます!!だめだ。球数が50球を超えた。

  2. 投球フォーム 肘下がりを矯正する一番シンプルな方法

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。ここまで3回にわたり、投球フォームの基本中の基本である「肘を下げない!」ということを解説していきました。

  3. ゼロポジション

    肩のゼロポジションと野球の関係 専門医がはじめからていねいに

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。投球フォームの基本中の基本として、「肘を下げない」ということをとりあげてきたシリーズも3回目になりました。

  4. ピッチング フォーム 野球

    野球肩と野球肘の原因としての肘下がりをガチ理解!

    前回の記事投球フォームの基本 ほとんどの指導者がわかってないポイントその記事の中で「なぜ、肘が下がるといけないのか?」という質問に対する答えとして、肘が下がると肩の外旋がかたい状態になる。

  5. 内側側副靭帯_肘

    野球肘の症状 内側型と外側型 専門医がわかりやすく解説

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。突然ですが、野球選手に多い怪我の部位はトップ3はどこだかご存知でしょうか?おそらく予想通りかと思いますが、 肘 肩 腰なんですね。

  6. Milking test

    野球肘を予防するトレーニング 中学生以降はこれを習慣化!

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。野球の中でもかなり多いケガとして、野球肩、野球肘がありますよね.だから、名前がついちゃっているわけですが。。

  7. 甲子園・高校野球の投手が酷使され故障する問題…連投規制からはじめよう

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。

  8. 指 曲げる筋肉 屈筋群

    野球のコツ:スプリットやフォークで肘を痛めないためには?

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。

  9. 甲子園の日程で休養日導入 それより連投規制を早く!

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。我々がメディカルチェックとトレーニング指導をさせていただいた桐生一高の野球部ですが、とうとうベスト8に進出しました!!少しでも関わったものとして、嬉しいですね。

診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ