【記事の対象】

【記事の対象】記事一覧

  1. ヤブ医者の特徴を自戒を込めて専門医が解説

    情報発信をするようになって、整形外科の診療に満足できない方からの相談を多くいただくようになりました。どういう整形外科医が問題なのでしょうか?その典型的なパターンが見えてきました。自戒を込めてお伝えします。

  2. 猛練習を積むことで自信になる・・・は時代遅れ スポーツ医解説

    なかなか疑う余地がないことかもしません。「猛練習を積むことで自信になる。」ということです。

  3. エフィカシーの意味と上げ方を漫画から学ぶ

    エフィカシーとは自己肯定感と直訳されますが、 コーチングの中では掘り下げつつもシンプルな定義である自らのゴールに対する達成能力の自己評価をエフィカシーと呼んでいます。

  4. 感情のコントロールができない人にはコーチングが抜群に効く!

    日馬富士関と貴ノ岩関の問題が連日取りざたされていますね。

  5. 鍼灸の副作用は?しびれや神経障害の可能性は? 医師解説

    巨人の沢村投手の長胸神経麻痺が鍼灸が原因であったという報道があってから、鍼灸の副作用でしびれや神経障害が起こるのか?というような議論がなされてきました。

  6. ミスを減らす方法 仕事とスポーツ両方で効く極意をスポーツ医が解説

    スポーツの世界で重要視されることの1つが「ミスをしないこと」ではないでしょうか。  また、仕事でもミスをしない人ができる人。逆にミスをするとできない人のレッテルを貼られがちです。

  7. イチロー選手の努力エピソードから努力の天才になる方法を解説 

    イチロー選手と言えば天才と思う人もいると思いますが、いろんなエピソードを知るにつれ、むしろ天才は天才でも努力の天才なんだろうと思わせてくれます。

  8. 眠りが浅い原因を改善する方法10選 スポーツ医師解説

    スポーツ選手やハイパフォーマンスを要求される仕事をしている人にとって睡眠の質は非常に重要です。量、すなわち睡眠時間も非常に重要ですが、睡眠時間を確保しにくいのが現代人ですので、必然的に質を求めます。

  9. ルーチン化の意味とメリットをスポーツコーチングドクターが解説

    今回はルーチン化の意味とメリットについて解説いたします。ルーチン化はルーティーンワークを意図的に作っていくということを表します。

  10. 向いているスポーツの診断法と選び方 スポーツコーチングドクターの視点

    自分に向いているスポーツってなんなんだろうか?今やっているスポーツは向いているのだろうか?これからスポーツをやろうかなと思っているけど、自分に向いているスポーツってどうやって見つければいいのかな?そう思ったことはない...

診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ