治療家・医療従事者

治療家・医療従事者記事一覧

  1. 「痛み止め」スポーツ選手の正しい使い方と注射について専門医解説

    平昌オリンピックで2連覇を達成した羽生結弦選手の話です。試合後のインタビューで、痛み止めを飲んでいたこと飲まないとジャンプも飛べない状態だったことを話していました。

  2. ヤブ医者の特徴を自戒を込めて専門医が解説

    情報発信をするようになって、整形外科の診療に満足できない方からの相談を多くいただくようになりました。どういう整形外科医が問題なのでしょうか?その典型的なパターンが見えてきました。自戒を込めてお伝えします。

  3. エフィカシーの意味と上げ方を漫画から学ぶ

    エフィカシーとは自己肯定感と直訳されますが、 コーチングの中では掘り下げつつもシンプルな定義である自らのゴールに対する達成能力の自己評価をエフィカシーと呼んでいます。

  4. 感情のコントロールができない人にはコーチングが抜群に効く!

    日馬富士関と貴ノ岩関の問題が連日取りざたされていますね。

  5. 鍼灸の副作用は?しびれや神経障害の可能性は? 医師解説

    巨人の沢村投手の長胸神経麻痺が鍼灸が原因であったという報道があってから、鍼灸の副作用でしびれや神経障害が起こるのか?というような議論がなされてきました。

  6. コンドロイチン硫酸の注射の効果や副作用は?専門医解説

    今回は軟骨に関係するサプリメントで有名なコンドロイチン硫酸が病院で保険診療として注射できるということで、その効果や副作用についてまとめました。運動器の治療において軟骨というのは非常にやっかいな組織です。

  7. 膝のパキパキ音はなに?痛みありケースと痛くないケースの原因を解説

    今回は膝のパキパキ音について、その原因を解説します。痛みありの場合と痛くない場合では原因や対処法が違うことが多いので、そこについても解説いたします。こんにちは、整形外科医でスポーツメディカルコーチの歌島です。

  8. 痛みがある時と痛みがない時の良いストレッチを専門医解説

    「ストレッチ」と「痛み」これは非常に重要なテーマです。

  9. 傍脊柱筋筋膜炎とはどんな病気か? 症状は?

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。今日も記事をご覧いただきありがとうございます。広島カープの福井優也投手が、2016年8月31日のDeNA戦の先発を直前で回避しました。

  10. ジョグ&ウォーキング

    なりたい自分になる方法  極意はたったの2ステップ!

    こんにちは、スポーツメディカルコーチの歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。フリーアナウンサーの小林麻央さんが乳がんを患っておられることを発表してから、初めてブログを更新されましたね。

診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ