両親・選手を支える人

両親・選手を支える人記事一覧

  1. 試合中の投球フォーム変更を指導されときの対処法をスポーツ医解説

    今回は試合中にもらうアドバイス、指導に対して、混乱してしまう選手が少なくないという問題と試合中にいかにパフォーマンスを修正していくか?という修正能力について考えてみたいと思います。

  2. 暴言を吐く指導者の心理をスポーツコーチが解説

    この記事は2018年4月に書いていますが、今の話題は文書の改ざんか、指導者のパワハラか、力士の暴力か…クソみたいな世の中ですねぇ。

  3. ピッチングの体重移動 誰も知らない投球動作の基本

    ピッチングについてよくいただく質問に「体重移動がだめ?」と言われても・・・「そもそもいい体重移動」ってなに?というものがあります。これって良い質問だと思います。

  4. 「痛み止め」スポーツ選手の正しい使い方と注射について専門医解説

    平昌オリンピックで2連覇を達成した羽生結弦選手の話です。試合後のインタビューで、痛み止めを飲んでいたこと飲まないとジャンプも飛べない状態だったことを話していました。

  5. 主治医変更は可能か!? 若い医師で心配!? そんなときの処方せん

    「担当の医師を変更してもらえますか?」主治医の変更を依頼したことがある人は少ないだろうと思います。僕は一度だけ患者さんの信頼関係を築けず主治医を先輩に変更せざるを得なかった苦い経験があります。

  6. 気持ちを切り替える方法 脳科学的にスポーツドクターが解説

    気持ちを切り替えることは多くの人が苦手とすることです。しかし、1つのネガティブな気持ちを引きずっていると、なかなか前進できませんし、パフォーマンスも上がりません。

  7. 運動神経を良くする方法 スポーツ専門医の視点

    運動神経の良さは生まれつきなのか!?良くする方法はないのか?年齢が進んだら、もう良くならないのか?遺伝は関係ある?そんな疑問、一度は持ったことがあるのではないでしょうか? 回答から言うと...

  8. エフィカシーの意味と上げ方を漫画から学ぶ

    エフィカシーとは自己肯定感と直訳されますが、 コーチングの中では掘り下げつつもシンプルな定義である自らのゴールに対する達成能力の自己評価をエフィカシーと呼んでいます。

  9. 感情のコントロールができない人にはコーチングが抜群に効く!

    日馬富士関と貴ノ岩関の問題が連日取りざたされていますね。

診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ