あなたの理想のフォームを発見する

あなたの理想のフォームを発見する記事一覧

  1. 清宮幸太郎のホームラン動画からその革新的スイングを解析

    こんにちは、歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。本日は清宮幸太郎選手の凄さの秘密として、そのバットスイングの特徴を解説したいと思います。

  2. 球持ち

    ピッチングフォームの基本 打ちにくい投手の第一歩はこれ!

    今回はピッチングフォームの基本、打ちにくい投手への第一歩として、以下の3つの用語 腕のしなり 肘を出す 腕が遅れて出てくるということについて解説いたしました。

  3. ゼロポジション

    肩のゼロポジションと野球の関係 専門医がはじめからていねいに

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。投球フォームの基本中の基本として、「肘を下げない」ということをとりあげてきたシリーズも3回目になりました。

  4. ピッチング フォーム 野球

    野球肩と野球肘の原因としての肘下がりをガチ理解!

    前回の記事投球フォームの基本 ほとんどの指導者がわかってないポイントその記事の中で「なぜ、肘が下がるといけないのか?」という質問に対する答えとして、肘が下がると肩の外旋がかたい状態になる。

  5. 肩関節外旋2

    投球フォームの基本 ほとんどの指導者がわかってないポイント

    監督「おーい!肘が下がってるぞ!」選手「はい!すみません!」選手(なんで肘が下がるといけないんだろう?どのくらい上げればいいんだろう?上げようとするとぎこちないんだよなぁ・・・でも、そんなこと言えないし・・・...

  6. バッティングフォームの真の基本 知らないと始まらないベスト3!

    選手A「監督!バッティングフォームで一番大切なのは何ですか!?」監督「それはヘッドが下がらないことだ。つまり、上から叩くことだ。

  7. 大谷投手とダルビッシュ投手の身長以上に重要な共通点

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。今回の記事は、世界を代表する投手であるダルビッシュ有投手と二刀流で革命をプロ野球に革命を起こしている大谷翔平投手についてです。

  8. 少年野球

    軟式ボールでのホームランの打ち方 落合博満氏から学ぶ

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。突然ですが、ホームランって、打ったことありますか?もちろん、ちゃんとした最低でも両翼90mの球場での柵越えのことです。

  9. ゲッツェ選手のドリブルのヒミツ

    ドリブルスピードを上げる方法:超一流選手の動画からポイント解説

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。今日は足が速いかどうかとは別に、ドリブル中のスピードってありますよね。

  10. 変わる快感サッカー

    サッカー PKのコツ ネイマールから学ぶ!専門家解説

    こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。

無料7日間集中ビデオ講座


■ご登録はこちら↓

お名前
メールアドレス
詳細はコチラから。

アーカイブ