野球 投げ方を身につけるコツ それはモノマネにあり!

この記事は3分で読めます

想像してみてください。

 あなたが、
ダルビッシュ投手と同じフォームで投げている。

あなたが、
田中将大投手と同じフォームで投げている。

あなたが、
前田健太投手と同じ投げ方で投げている。

スポンサード リンク

あなたのピッチングは今と比較して、
どうなっているでしょうか?

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。
SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。

今日は野球において大切な、
「投げ方」をどう身につけるか?
ということの中でも、
モノマネの有効性を解説いたします。

投げ方を身につけるコツ:モノマネなんて無理?

「同じフォームなんて無理」

「同じフォームができたとしても、身体が全然違うから、うまくいかない」

 

という声が聞こえてきそうです.

 

ごもっともな意見です。

 

例えば、あなたやあなたの指導する選手が、
トップレベルであれば、
そういった選手のモノマネをすることは
リスクの方が大きいと思います。

なぜなら、
トップレベルに達しているということは、
「投げ方」自体も、自分の形として、
パフォーマンスを発揮できる形に
「最適化」できている可能性が高いからです。

 

つまり、

「自分にあったフォームをすでに獲得している可能性が高い」

ということです。

スポンサード リンク

野球 投げ方を身につけるモノマネの有効性

ピッチング フォーム 野球

しかし、トップレベルにはまだまだという場合は、
こういったトップ中のトップの選手の動きをコピーして、
取り入れることは有効です.

もちろん、個人差があり、
真の意味では全く同じ動きはできません。

できたとしてもそれが、
あなたに合うものであるとは限りません.

 

ただし、それでもトップ選手と同じ動きをして、
同じ体感を得て、同じ景色が見られれば、
ステップアップへの大きすぎるヒントになります。

さらに、多くの選手は、
同じ動きをしようとする過程で、
大きなヒントを得ます。

 

もう少し詳しく解説いたします。

 

 

例えば、田中将大投手の投げ方をモノマネしてみましょう。

田中将大投手の広いステップ幅
まず真似をしてみようとします。

もちろん、田中投手とあなたの身長が違いますから、
ステップ幅は身長との比率で真似をします。

そのステップ幅で投げようとした時に、
いくつかのケースが考えられます。

  1. 股関節が開かない、もしくは無理してやっとなケース
  2. 開くけど、上半身にチカラが伝えられないケース
  3. らくらく同じステップ幅で投げられるケース
  4. すでに同じステップ幅だったケース

この4通りくらいでしょうか。

 

 

1番目の「股関節が開かない、もしくは無理してやっとなケース」
の場合は、
股関節の柔軟性が足りないということが、
明らかになりますよね。

 

2番目の「開くけど、上半身にチカラが伝えられないケース」は、
体幹の筋力が足りないか、股関節周りや太ももの筋力が足りないケースが多いです。

 

3番目の「らくらく同じステップ幅で投げられるケース」
の場合は、柔軟性も筋力もあるので、
そのフォームで投げてみることで、新たな体感や景色が手に入ります。

つまり、「なるほど、これだけのステップ幅で投げようとすると、
こういう景色が眼前には広がり、体感としてはこういう感覚なんだ!」

ということがわかります。

そうやって、感覚的に一度記憶できると、
その動きを再現することができます。

それは、最終的に田中投手と同じ投げ方にしなくても、
自分の理想のフォームを追求し、獲得していく過程で大事なストックになります。

 

 

4番目に関しては、ステップ幅に限っては、
学ぶところがなかったということになりますね。

投げ方を身につけるためのモノマネのコツ

このモノマネをする際に、

必ず意識していただきたいのが、

 

可能な限り「正確に」モノマネするということです。

 

それは、要は、
同じ方向からビデオカメラで撮影したら、
タイミングも含めて、同じで、まったく重なってしまうレベルを
目指すということです。

 

 

それには、かならず、

2−3方向からのモノマネする選手の映像を手元に準備し、
(スマートフォンなどで今ならたくさん動画を見ることができます)

自分のモノマネしたフォームを、
できれば毎回ビデオに撮って、
毎回チェックしては、修正するという繰り返しが必要です。

 

それくらい正確にやらないと、
単なる趣味でモノマネやってますっていうレベルからは
抜けだせません。

 

それだけやって初めて、
先ほど述べた、モノマネの有効性が発揮できます。

スポンサード リンク

ぜひ、モノマネによる投げ方習得にトライしてみていただければと思います。

変わる快感クラブ野球

診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は
関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で
時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、
それでも、患者さんの希望を、
理想的にはゴールをできるだけ掴んで、
お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

専門分野は「肩」と「スポーツ傷害」です。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ