腹筋のインナーマッスル代表はこれ!名称は?効果的なハンドニー動画とともに

この記事は1分で読めます

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。
今日は腹筋のインナーマッスルと言えばこれ!というものの
効果的なトレーニング法を動画でお届けしまます。

スポンサード リンク

腹筋のインナーマッスルと言えば、
そうですよね、

「腹横筋」

が代表としてあげられると思います。

腹横筋については非常に重要なので、
こちらの記事を是非御覧ください。

そこでご紹介したドローインというトレーニングというか、
基本動作ですね。
これを前提として、さらに最も腹横筋の活動が優位に高まると言われているのが、
「ハンドニー」と呼ばれるトレーニングです。

ハンドニー:腹横筋を利かせて四肢を動かす

このトレーニングは、
四つん這いになって、例えば右手と左足、
左手と右足のように対角線上の手と足を、
それぞれ前方、後方に伸ばしていくトレーニングです。

これはそれほどキツくないように思われますが、
丁寧に体幹を安定化させて、スムーズに手足をゆっくり動かすことで、
腹横筋を鍛えられます。

しかし、動画でも説明しているとおり、
常にドローインの状態をキープする必要があります。

また、対角線上に動かすことで、背筋のインナーマッスルである、
多裂筋を働かせることもできます。

もっと、体幹がプルプルいうような、
キツいトレーニングはたくさんありますが、
これに始まり、これに終わるくらいに重要視してもらいたいトレーニングです。

真に重要なものは
得てして地味なものです。

 

さて、このトレーニングのポイントを再度まとめますと、

  • ドローインを徹底維持する
  • ゆっくり動かす
  • 体幹を終始安定させる

ということになります。

このポイントに注意して御覧ください。

スポンサード リンク

診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ