ホメオスタシスの意味:人が変われない理由ではない!

この記事は2分で読めます

おはようございます、歌島です.

昨日は体温を例に、 ホメオスタシスについての解説でした。

ホメオスタシス機能を理解する 体温を例に

スポンサード リンク

平熱というのは個人差はありますが、
ヒトにおいて大きく違わないですよね。

これをもし、28℃を平熱にする! って、
無理矢理何かしら頑張ってやったとして、
その温度では多くの内臓や筋肉などなどが
まともに働きませんから、とても 生きていられません。

凍死というやつです・・・

だから、生きるために
この平熱という「現状」を維持する必要があるわけです.

ヒトが変わることは結局できるの?

「こころ」が「変わる」ことは命に関わる?

では、 多くの人が「変わりたい!」と言うときの、
「変わりたい!」は 体温じゃないですよね。
例えば、性格であったり、 人格であったり、 習慣であったり、

「こころ」(情報空間)の領域になるわけです.

この「こころ」の領域にもホメオスタシスが働くことは、
前回ご説明しましたが、

さて、 「こころ」は「生きるため」に「変わったら」ダメですか?

 

サボリ癖のあるヒトが、
頑張り屋さんになったらダメですか?

短気なヒトが穏やかになったらダメですか?

内向的なヒトが外向的になったらダメですか?

3日坊主のヒトがコツコツ型になったらダメですか?

サボリ癖があっても、頑張り屋さんであっても、
短気でも穏やかでも 生きるのに問題ないですよね?

スポンサード リンク

ホメオスタシスが維持すべき元は?

何度も言うように、
ホメオスタシスは「こころ」にも機能します。
ホメオスタシスは「こころ」が変わらないように働きます.
これは事実です.

ここでのポイントは、 「変わらない」のは
どこから「変わらない」か?ってことです。

体温であれば、
約36℃の平熱から「変わらない」ってことですよね。

つまり、ホメオスタシスが維持したい元の状態は、
36℃の平熱ですね。

 

では「こころ」はどこから「変わらない」?

 

例えば、人によっては 短気という性格からでしょうか?

では、短気って誰が決めました?
正確な定義はありますか?
このヒトは短気、このヒトは短気じゃない。
それを分けられますか?

 

分けられないですよね.
そして、 あなたが決めたんですよね。

こういったものの集まりを
「セルフイメージ」と表現したりするわけです.

言ってしまえば、自分に対する思い込みです。

 

自分に対する思い込み… これは、言うまでもなく、
変えちゃっても命には別状ありません。

 

 

 

じゃ、変えちゃえば?

 

 

どーん・・・

 

乱暴な結論ですが、
究極、この一言ですね.

セルフイメージなんて好きに変えられる。
「どうぞ、ご自由に」です。

 

そんなこと言われても、
どうやればいいんだ!?

そう思われるかもしれません。

その答えになりうるヒントを
日々、情報発信していきますし、
特に「変わる快感クラブ」では、徹底指導させていただきます。

ぜひ、たのしみにしていただければと思います。

では!

スポンサード リンク

変わる快感クラブ習慣e

sports_return_method
お名前
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料7日間集中ビデオ講座


■ご登録はこちら↓

お名前
メールアドレス
詳細はコチラから。

アーカイブ