羽生結弦選手は性格悪い? そのコメントから揺るがない自信の作り方を学ぼう!

この記事は2分で読めます

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。
SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。

 

2014年、ソチオリンピックにおいて、
一躍、世界を代表するフィギュアスケート選手となった羽生結弦選手。

スポンサード リンク

羽生結弦選手の性格が悪い?本当?

その羽生選手の性格はどうなのか?

 

ネット上で噂を拾ってみると、
おそらくあることないこと書かれているんだろうと思いますが、

 

少なくとも「異常なほどの負けず嫌い」であること。
そして、それは自分に対する揺るがない自信が形作っていることが伺えました。

 

性格がいい、悪い・・・

ナルシストなのか、そうでないのか・・・

そういった話も面白いですが、
僕はこの負けず嫌いと
その源にあると思われる揺るがない自信に興味が湧きました。

スポンサード リンク

羽生結弦選手,100点越えも「まだまだ」と

ソチオリンピック フィギュアスケート個人
ショートプログラムにおいて、
史上初の100点超えを達成し、トップに立ったときの
羽生結弦選手の演技後のコメントです。

「ありがとうございます。本当にうれしかったです。
(思い描いた自分の演技には)まだまだ程遠い
オリンピックということもあって、
足も震えてたんですけど。
やれたことはやれた
日本人としてこの結果をまず誇らしく思いたい

というコメントから、
『揺るがない自信の作り方』について学べます。
メンタル面での上達のヒントです。

 

動画でご紹介した、

揺るがない自信の作り方の極意である

一秒前に立って、一秒後に手を伸ばす

 

ということをもう一度解説します。

 

 

羽生結弦選手のように、
過去から現在までを全面肯定しつつ、
(「やれたことはやれた
日本人としてこの結果をまず誇らしく思いたい」)

しかし、未来はこんなもんじゃない!
先に先に目を向けていれば、
(「(思い描いた自分の演技には)まだまだ程遠い。」)

 

自信を失う隙なんてありません。

 

しかし、自信が作り出せない人は、
まず、過去から現在までで、
自分がダメな理由を探してしまいます。

 

そういう視点で探せば、
どんな人でも「そう捉えられること」は山ほどあります。

 

そして、その立つべき過去から現在の自己評価を
どんどん落としてしまうので、

結局、描ける未来すらも制限してしまうのです。

 

過去や現実なんて、捉え方次第です。

そして、もちろん、その捉え方はあなた次第です!

スポンサード リンク

指導者は変わる快感クラブへ

診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は
関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で
時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、
それでも、患者さんの希望を、
理想的にはゴールをできるだけ掴んで、
お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

専門分野は「肩」と「スポーツ傷害」です。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ