ジョーンズ骨折の原因から予防策まで 理学療法士がわかりやすく

この記事は2分で読めます

こんにちは、鶴谷です。

 

2014年4月の卓球の世界選手権を
福原愛選手が左足第5中足骨疲労骨折
欠場するというニュースがありました。

スポンサード リンク

日本卓球協会は2日、
福原愛(25=ANA)が左足第5中足骨疲労骨折で
4月28日開幕の卓球世界選手権(東京)を欠場することを発表した。

全治3カ月で、手術は行わず保存療法復帰を目指す方針。
福原は世界選手権に03年から11年連続で出場していた。

スポニチ 3月2日 記事

この第五中足骨疲労骨折を
通称「ジョーンズ骨折」と呼びます。

 

このジョーンズ骨折というのは、
通称があるくらいですから、
頻度が高いんです。

特にスポーツ選手において。

 

ですから、スポーツに携わるものとして、
知っておく必要がある骨折の一つになります。

 ジョーンズ骨折の原因とは?

まず、足にはアーチと呼ばれるものがあり、
衝撃を吸収するバネのような役割があります。
足のアーチの低下(=扁平足)は
いろいろなのスポーツ傷害の一因として考えられているそうです。

そして、このジョーンズ骨折は、
疲労にともなうアーチの低下や、
オーバーユース(使いすぎ)との関連が強いと言われています。
ランニングやジャンプ動作による過度の体重負荷が、
長時間、足部アーチに繰り返し加わることで発生する
オーバーユース(使いすぎ)に起因する傷害です。

 

福原選手は今回、
難治性と言われている小指側(第五)を骨折してしまいました。

スポンサード リンク

ジョーンズ骨折の予防は?

足趾屈筋は足の指を曲げる筋肉で、足の底にあります。
この足趾屈筋は足のアーチを高く保ってくれるはたらきがあります。
また、足趾屈筋の強化によって、
静的立位姿勢制御時の重心動揺や動的姿勢制御能の向上が得られたとの報告もあります。

難しい言葉ばかりですね…
簡単に言ってしまえば、転倒予防に繋がるということです。

 

先ほども言いましたが、
足趾屈筋は足のアーチを高く保つはたらきがあります。

この足趾屈筋力が低下してしまうと、
アーチ保持が困難となり、
衝撃吸収機能が低下してしまいます。

 

そうなると、足への衝撃ストレスが増大してしまい、
バランス能力の低下を生じさせることで、
足の痛みの原因となってしまいます。

その終末形態の一つが、ジョーンズ骨折というわけです。

 

 

ある文献では、
大学のサッカー選手に足趾屈筋の強化を行うことで
足部傷害の発生件数が減少したとの報告もあります。

 

この他にも、足趾屈筋を強化することで、
全身動作遂行能への効果もあります。

簡単に言うと、足趾屈筋を鍛えることで、
50m走や垂直跳びなどの結果が良くなっているということです。

 

この足趾屈筋を強化する方法として、
ビー玉やおはじきを足の指で把持する方法や、

タオルギャザーと言って、
足の指を使ってタオルを引き寄せる方法があります。

タオルギャザーについてはこちらをご参照ください。

そのタオルギャザーでは充分な筋肉への刺激ができない!解決方法は?

 

他には、普段から足趾屈筋を鍛えるとなると、
簡単なのは歩行です。

歩く際、常に足の指を意識し、
地面と接している間は常に指に力を入れておくと良いでしょう。

筋肉の位置や走行を知っていると、
より強くイメージでき、より効率的に鍛えられるかと思います。

スポンサード リンク

パフォーマンスupのためスキルupのための練習だけではなく、
怪我の予防をしていくことが、
まずは練習を継続していく上でとても重要であるということも
伝えていきたいです。

少しでも参考になりましたら幸いです。

変わる快感サッカー

 

sports_return_method
お名前
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料7日間集中ビデオ講座


■ご登録はこちら↓

お名前
メールアドレス
詳細はコチラから。

アーカイブ