内川選手のバッティングを理論的に解説 ふところの深さに迫る!

この記事は2分で読めます

「歴代の日本プロ野球史上、No.1の右バッターと言えば?」

この質問に対する答えは人それぞれだと思います。

スポンサード リンク

僕の個人的なイチオシは内川選手です。
成績だけを見れば、もっとホームランを打ってる選手もいますし、
打率も歴史上飛び抜けているわけではありませんが、
現代野球のレベルアップを見れば、やはり、内川選手に落ち着きます。
本当にすごいバッターですよね!

 

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。.

今日は日本を代表する右バッターである内川選手のバッティングを
感覚的な表現で終始せずに理論的に解説したいと思います。

内川選手のバッティングのスゴさは?

  • 内川選手のスゴさと言えば、安定してハイアベレージを残す、
    そのミート力にあると僕は考えています。
    それは打率に表れていますが、ぜひ、実際のバッティングをたくさん見ていただきたいです。

そのミート力を発揮できる幅がものすごく広いんですね。
いかに、様々な球種、様々なコースに対応しているかという点に注目いただきたいです。

内川選手の見事すぎる内角打ち!

外の変化球への対応もさすが!

内川選手がこれだけの幅に対応できる理由とは?

では、なぜこれだけの幅に対応するバッティングが可能なのでしょうか?

それを動画でも解説してみました。↓

幅に対応するバッティングの極意・・・

それが感覚的な表現としては

「懐(ふところ)の深さ」になると思っています。

これは実はかつての大打者 落合博満氏が最も秀でていた部分かもしれません。
かつての大打者、落合博満氏も持ち合わせた
「懐(ふところ)の深さ」について、考えてみたいと思います。

スポンサード リンク

落合博満氏にも共通する懐(ふところ)の深さ

懐(ふところ)の深い選手と言われて
多くのヒトがイメージするのは、
バックスイングから振り出しまでの間にその選手から醸し出される
「どんな球にも対応されてしまいそうな雰囲気」
ではないでしょうか?

その雰囲気は内川選手にも落合氏にもありますよね。

懐(ふところ)自体は脇腹(わきばら)辺りをさすわけですが、
ここが深いって何でしょう?

高いでも低いでもなく、右でも左でもなく・・・深い。
言い換えると奥行きのある懐とでも言いましょうか.

それは、バッティングにおいては
いかに自分が打つべきタイミングの幅を
っているかと言えると思います.

そして、それを作り出すのが、
実は「懐(ふところ)」ではなく、下半身だと考えています.

僕は「前足の探り」と呼んでいますが、
右バッターならステップするときの前足の動きです。
タイミングに合わせて、ステップを着地するタイミングと、ステップする強さを調整するんですね。

懐(ふところ)が深いバッターは無意識でこれをやっていると考えています。

これができない選手はここでタイミングが微調整できないので、
泳がされたり差し込まれたり、

まさに「懐(ふところ)に深さがない」バッティングになってしまうんです.

ですから、まず、自分のフォームの中で「この前足の探り」を意識して、
素振りやイメージトレーニングに取り組んでみてください。

最強の「懐(ふところ)の深さ」を獲得するのに必要な筋肉

そして、この「前足の探り」の達人になるため、
すなわち最強の「懐の深さ」を獲得するためには、

実は後ろ足の股関節の筋肉、
特に外側の筋肉(外転筋群)の力が必要になります.
これは太ももを外側に広げるとき(外転)に使う筋肉ですが、
ステップのときにはステップする足が勢いでまったくコントロールできずに着地してしまうのを防ぎます。

具体的には大腿筋膜張筋中殿筋という筋です。

外転筋群

その大腿筋膜張筋と中殿筋のトレーニングとして、
基本中の基本はこのようなトレーニングです。↓

次回はこの「前足の探り」のよりパフォーマンスに近い
まさに達人トレーニングともいうべきものを公開したいと思いますので、
お楽しみにしてください。

スポンサード リンク

それでは、失礼いたします。

変わる快感クラブ野球

sports_return_method
お名前
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料7日間集中ビデオ講座


■ご登録はこちら↓

お名前
メールアドレス
詳細はコチラから。

アーカイブ