野球 バッティングで打てない!!その原因がタイミングならこれだ!

この記事は2分で読めます

監督「んー、なんで、あいつはこうも打てないんだ!?」

コーチ「いや、スイングは本当にきれいですし、パワーもあるんですよ」

監督「それは俺も同感なんだが、どうしても、タイミングをすぐにずらされるよな・・・」

コーチ「そうなんですよ・・・、何が悪いのか・・・」

スポンサード リンク

という選手、いますよね。

スイングもきれい!
スイングスピードも十分!メンタルも強い!
目もいい!

なのに、なぜ??

バッティングの極意:タイミングを合わせる能力

 

バッティング・・・

それは、投手が放ったボールを瞬時のうちに判断し、
正確かつ鋭いスイングで、バットの芯でボールをとらえ、
そして、鋭い打球を飛ばさんとする動き

 

このバッティングには様々な要素があります。

その中で最も重要なのが、
タイミングだと考えています。

これは多くの野球の指導者の方と同じ意見なんですが、

考えてみると当たり前なんですよね。
前後左右より奥行きの方が
視覚的に認識しにくいに決まってますし、
変化も最も大きいです。

そう何より、投手の投げるボールって
シンプルに
「速い」ですよね!

ですから、タイミングを合わせる能力が最も重視されるのは、
当然と言えば当然なんですね。

スポンサード リンク

タイミングを合わせる能力:懐(ふところ)の深さ

タイミングを合わせる能力が高い選手はどういった選手なのでしょうか?

これが前回の記事でご紹介した内川選手や落合選手のような、
「懐(ふところ)の深い」バッターだと考えています。

内川選手のバッティングを理論的に解説 ふところの深さに迫る!

この記事の中で、
「懐(ふところ)の深さ」は下半身で決まるとお話しいたしました。

これを僕は「前足の探り」と呼んでいますが、

要は、いかにステップする足の着地のタイミングと
着地してからの体重の乗せるスピードをコントロールできるか?
これが非常に大切になってくると考えています。

この「前足の探り」ができない選手の場合はどうなるのでしょうか?

そうなんです。
毎回同じタイミングでステップ足を着地してしまうがために、
狙い通りの球なら「たまたま」打てるかもしれませんが、
ちょっとした微調整が全然できません。

ですから、もちろん緩急には全然対応できないバッターになってしまいます。

これはぜひ避けたいところですよね!

ということで、今回はこの「前足の探り」を
マスターするためのトレーニングについて解説していきたいと思います。

「前足の探り」をマスターする「far return(ファーリターン) トレーニング」

すみません、なんか小洒落た名前にしたかったんですけど、
別に名前は何でもいいです(笑)

これは非常にシンプルなトレーニングです.

こちらの動画を参考にしてください。

  1. 地面にメジャーや物差しなどを置く
  2. その横に立ちます.
  3. 右打者ならバッティングの体勢で右足一本で立つ
  4. 左足のつま先できるだけ遠くの地面にちょんと触れて戻る

このときに、バランスを保って、左足は浮かしたままです。
ちょんとやったあとにバランスを崩してしまったらやり直しです!

これを10回連続でやり、その距離の平均値を記録しましょう。
この記録が徐々に伸びるようにやっていくことで、
バランス能力股関節の外側の筋肉が鍛えられます.

 

内川選手も落合選手も、
差し込まれたと思ったら腕をたたんでさばいちゃう、
泳がされそうなスライダーに粘り越しで対応しちゃう。

そんな見事なバッティングで、
投手から見たら「穴がない」と思わせているはずです。

この状況が作れれば、「打てない・・・」
なんてことは想像できませんよね。

ぜひ、そんなバッターになっちゃいましょう。

スポンサード リンク

変わる快感クラブ野球

診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は
関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で
時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、
それでも、患者さんの希望を、
理想的にはゴールをできるだけ掴んで、
お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

専門分野は「肩」と「スポーツ傷害」です。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ