倫理観の欠如の意味とは? そんな言葉に流されるな!

この記事は2分で読めます

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。
SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。

また気持ち悪いニュースが飛び込んできましたね。
ちょっと感じた違和感をそのまま表現してしまいたいと思います。

スポンサード リンク

「教師の倫理観が欠如している」だと?

担任、息子の入学式へ…高校教諭勤務先を欠席、教育長が異例の注意

(埼玉新聞 2014.4.11)

引用——————–
来賓として入学式に出席した江野幸一県議(刷新の会)は「担任の自覚、教師の倫理観が欠如している。欠席理由を聞いた新入生たちの気持ちを考えないのか。校長の管理責任も問われる」と憤慨。
———————–

 

ん??
息子の入学式よりも勤務先の入学式を優先することが倫理的なんでしょうか?


このケースでどっちを優先すべきかって、
そんなカンタンに結論が出せる問題じゃないのではないでしょうか。


それを倫理観の欠如という言葉で片付けておられますが、
そんな倫理観ならいらないと思います。

僕らの仕事(医療)は
非常に倫理観を重視しないと話にならない職業ですが、
だからこそ、何でもかんでも倫理、倫理って
倫理観を乱用する論調には嫌気がさしています.

スポンサード リンク

倫理観の意味は?定義は?

倫理:行動の規範としての道徳観や善悪の基準。
[新明解国語辞典第七版]

辞書で意味を見てると、今度は道徳観という、

これまた僕の嫌いな言葉に定義をゆだねてますが、
その後の善悪の基準を取りあげるとすれば、

今回の問題は倫理の問題じゃなくて
価値観の問題じゃないかと考えます。

倫理観の欠如を声高に言う人の中には、
単にこびりついた自分の価値観を押しつけているだけの
人が多いように感じています。

倫理観の定義が難しいからこそ、
安易に倫理観という言葉を使わず、
「これは単に自分の価値観ではないのか?」

と疑う姿勢がほしいなと思います。

そして、価値観の多様性を許容できない社会は
息苦しく、見苦しく、未来もないと思います.

 

また、1つ、この入学式を欠席した教師に欠如しているものがあったとすれば、
想像力だろうと思います。

「欠席理由を聞いた新入生たちの気持ちを考えないのか。」

という言葉ですね。

やはり、少し残念に感じてしまうのが、
人の嫉妬心です。

「自分の担当の生徒より自分の子供を優先するんだ・・・」

 

という気持ちですね。

理屈では、多様な価値観の中で、
それでもいいと思うんですよ。

でも、実際の新入生たちの気持ちは理屈ではない。

 

だからこそ、この教師は思い悩む必要はあったわけです。

どうにか息子の入学式にも出席しながら、
担当の生徒たちにも、歓迎の意を、
大切にしていくという意を示す必要があった。

そこにも全力を注いだというのであれば、
僕は価値観の多様性の元、

なんら批判されることはないと思います。

 

スポンサード リンク

スポーツ界における教師の倫理観の欠如問題:部活動

スポーツ界においても、
たとえば、部活動の顧問の先生は
その倫理観とやらをもとに
ボランティア的活動(わずかな報酬のみで多くの時間を拘束される)
を余儀なくされています。

 

意味不明な倫理間で、
無償で、またはほんの少しの時間外手当で、
やりたくもない部活動の指導をさせるべきではないと思います。
それでも、好きならいいんですけどね。
いや、好きでもその対価をもらわないことには
責任感の欠如に繋がりかねない。

 

子供の成長に大きな役割を果たす
部活動の指導というものの価値はかなり大きいと思います.

そして、ボランティア的活動になってしまっているのは、
部活動の顧問に限らず、
スポーツ少年団の指導者、クラブチームの指導者にも共通します.

こんなスポーツ界の歪みにも、
一石を投じる活動をやっていきたいと思っています。

 

診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ