プールでの運動量:水中ウォーキングの消費カロリーを上げるには

この記事は2分で読めます

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。.

今日はプールのトレーニング、エクササイズの中でも
消費カロリーについて考えてみましょう。

スポンサード リンク

プールの運動って、
浮くから楽なようで、でも水圧ですすまないから、
やっぱりツラい。

運動量としてはどうなの?
と思っている人も多いと思います.

結論から言うと、
やりかた次第です。
なんて、元も子もないことを言っても仕方ないので、
少しデータを示しましょう。

プールでの水中ウォーキングの運動量は?

こちらのサイトに便利な表がありました。

消費カロリーの高い運動ランキング

ここで、水中ウォーキングは28位で255kcalでした。
これは陸上のウォーキングの216kcalより高い数値です.

ただ、この程度の差ならどうです?

僕ならイチイチ、プールにいくかなぁという程度です。

もちろん、こちらでお話しした通り、
プールでの運動はメリットが多いですから、
これでも十分、プールの運動は魅力的ではあります.

スポンサード リンク

プールでの運動量を上げる秘策

しかし、この表にはもう一つ注目点があります.
1位 水泳(クロール) 1337kcal
2位 水泳(平泳ぎ) 700kcal

と圧倒的な数字なんですね.

ちなみにこのデータは、
成人男性が1時間この運動を続けた場合の消費カロリーです。

まぁ、当然、1時間クロールを続けられる人は、
限られています.
消費カロリーを気にするレベルの人ではないかもしれませんね。

ただし、
これを上手く組み合わせれば?
ってことは当然考えますよね.

そうなんです、
だって、1時間ずっと水中ウォーキングって、
ちょっと退屈じゃありません?

だから、たまにクロールして、疲れたらウォーキングに、
次に平泳ぎして、疲れたらウォーキング。
これで1時間運動やれば、かなりの消費カロリー
になるんじゃないでしょうか。

最低400-500kcalは狙えるでしょうし、
クロールを頑張れば、もっといくでしょうね。

こうなると、ウォーキングは及びもしない運動量が確保できますね.

ちなみに、
水中ウォーキングの効果を上げる、
消費カロリーをあげるために、
バリエーション豊富な動きを取り入れるのは基本中の基本です。
ただ歩くなんて水圧の無駄です(笑)

スポンサード リンク

こちらをご参考にどうぞ。

異次元の革命的スポーツ復帰術

sports_return_method
お名前
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料7日間集中ビデオ講座


■ご登録はこちら↓

お名前
メールアドレス
詳細はコチラから。

アーカイブ