野球のコツ:変化球を魔球化する原理と基礎練習

この記事は2分で読めます

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。

今日は変化球の投げ方として、
原理と基礎練習についてお話しします.

スポンサード リンク

野球の投手であれば、
誰もが憧れる、
「鋭いキレの変化球」

時に、魔球と呼ばれるレベルの球もありますね。

  • 野茂英雄投手のフォーク
  • 田中将大投手のスプリット
  • ダルビッシュ投手のスライダー

などなど

これら鋭い変化球を投げる為には何が必要で、
どういう練習がいいのか?
ということを考えてみましょう。

鋭い変化球の定義

一口に鋭い変化球と言っても、
どういうのを鋭いと言うのでしょうか?

いろいろ要素はありますが、この2つに集約されるかなと思います。

  1. 途中までストレートと区別がつかない
  2. (曲がり具合)/(直球とのスピード差)の比が大きい

1.途中までストレートと区別がつかない

これについては、

  • 腕の振りがストレートと変わらない事、
  • リリースからの発射角度がストレートに近い事
  • 曲がり始めが遅い事(印象レベルの表現ですが)

これらが複合的に合わさって、実現できると考えられます.

2.(曲がり具合)/(直球とのスピード差)の比が大きい

これは、つまり、スピードはストレートとあまり変わらないのに、
めっちゃ曲がる(落ちる)ってことですね。当然の要素ですね.

スポンサード リンク

鋭い変化球を投げる為の原理原則とは?

7429635890_72be2519e2_o.jpg

このように鋭い変化球を考えると、
まず大きな条件として、

ストレートと同じ腕の振り、できるだけ近い発射角度
投げることは必要そうです。

そして、めっちゃ曲がる(落ちる)ということですが、

変化球がなぜ曲がる、落ちるかを知っていれば、
自ずと答えは出せますよね.

詳しい説明は省きますが、
ボールの回転によるボール周りの気圧の変化ですよね。
それは、ボールにかかる空気抵抗と回転数に左右されます。

そして、ストレートは多くはバックスピンがかかり、
浮力がかかるので、重力に負けずに真っすぐに近い軌道をとるわけです。
そして、スピードが速ければ速い程、空気抵抗も強くなりますから、
気圧の変化も大きく、より伸びるわけですね.
藤川球児投手のあのホップするようなストレートは、
そのスピードと回転数の合わせ技なわけですね。

逆のトップスピンであれば、落ちる軌道を取りますし、
回転が少なくなれば、フォークやスプリットの様に
途中から落ちる様な変化になるわけです。

つまり、回転数スピードが、
.(曲がり具合)/(直球とのスピード差)の比を大きくする為の
キーポイントになりますね.

そして、この回転数とスピード、どちらにも
必須なのが、
速い腕の振り(=ストレートのスピード)です。

つまり、腕の振りが遅い選手(=ストレートが遅い投手)
例えば、MAX120km//hの投手であれば、
メジャーリーガーばりの鋭い変化球は物理的に不可能です.
ナックルですら、厳しいでしょう.

つまり、鋭い変化球のためには
ストレートが重要という定説はこういう意味でも正解なわけです。

そして、その鋭い腕の振りを、
バックスピンからずらした回転に変換する、
もしくは回転を抑えるための、
指先の
繊細な感覚 + 強さ
が必要です。

ちょっと考えれば当然ですが、
こういう風に整理することがスタートとして大切なわけですね.

魔球化のための基礎練習

ここまで整理できれば、
いろんなアイディアが出てくると思います.

指先の繊細な感覚を鍛える為に
四六時中、授業中でもペン回しをいろいろなやりかたでやるとか、
(怒られない程度にしてくださいね)
指の間にコインを挟んだ状態でテレビを見るとか、

IMG_4054
24時間、感覚を鍛える為にできることをやるって言うのがいいですね。

コインを挟むなんていうのは、
人によっては、かなり難しいんですね。
指先の固有感覚受容器に対する意識を高め、
かつ指のホントの細かい動きを無意識レベルで
コントロールする小脳トレーニングとも言えます.

スポンサード リンク

こういうアイディアをどんどん開発するのも
変わる快感クラブでやっていきます。

診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ