野球のコツ:遠投の距離を伸ばす秘訣から大切な事に気付く

この記事は2分で読めます

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。.
今日は遠投についての一考察です.

スポンサード リンク

遠投の距離を伸ばす秘訣

まず、遠投の定義について整理しておきましょう.
ここでは、とりあえず
「できるだけ遠くに投げること」とします。

そうすると、自ずと山なりのボールになります.
もちろん、低いボールでできるだけ遠くに投げる。
例えば、外野手のバックホームなども遠投と言えば遠投ですが、
今回はのぞきます.

この遠投の距離を伸ばす秘訣ですが、
物理的に考えれば、シンプルです.

  1. 大きな並進エネルギーを得る事(助走が可能なら充分なスピードを確保する事)
  2. 並進エネルギーを体幹のスピンに変換し、そのまま腕に伝える事

この2点に集約されます.

スポンサード リンク

遠投という競技は基本的にはありませんが、
一番近いのは槍投げでしょう。

槍投げのフォームで参考にすべきは、
助走です.

つまり、1番の大きな並進エネルギーを得る部分です。

かなり長い距離を走り、
リリース後も前のめりで、バランスを崩す事も多いですね.

これはつまり、単純に遠くに投げるだけであれば、
並進エネルギーを重視すべきという事です.

リリース後に前のめり、バランスを崩すという事は、
その並進エネルギーをすべて余す事無く
体幹のスピンに変換しきれてないわけですが、
それでいいということですね。

体幹のスピンに変換する能力として、
もっとも重要なのは前脚の筋力です。
特に股関節周囲筋と大腿四頭筋です。

この変換する能力を超える並進エネルギーを作っちゃっていいということです。

それではエネルギーが無駄になっていると思われるかもしれませんが、
並進の運動エネルギー自体も慣性の法則により、
ボールの飛距離に加えられますから、それでいいわけですね。

そして、今サラッと言いましたが、
並進エネルギーをスピンに変換する能力として大切なのが、
前脚の筋力なわけです。

今日は、ここをしっかり理解して欲しいなと思っています.

なぜなら、野球界ではどうしても、
「軸足」という言葉の影響を受けてか、
後脚ばかりを重視する傾向がありました.

もちろん、筋力トレーニングなどは左右均等にやるとは思いますが、
なぜ、この筋力が必要なのかということが抜け落ちている指導者、
チーム、選手が多い印象です。

ですから、この槍投げや、遠投をイメージしてもらって、
いかにその並進エネルギーを受け止められるか、という視点で、
膝の伸展筋である大腿四頭筋
股関節周囲を安定化させるインナーマッスルや内転筋群について、
よくよく学んで、パフォーマンスに繋げていって欲しいと思います.

遠投で遠くに投げられた方が、
「肩が強い」と言わたり、
小学生くらいならクラスのヒーロになれていいかもしれませんが、
まぁ、正直、遠投という競技が無い以上、
あまり、遠投の飛距離そのものを追い求める必要性はないでしょう。

むしろ、無理して怪我してしまうことが危惧されます.

ただし、遠投という目的とその動作をこのように考えてみる事で、
スローイングに対する大切な要素に気付く事ができるとすれば有益だろうと思います.

スポンサード リンク

診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ