錦織圭とマイケルチャンはとんねるずが出会いのきっかけ!?

この記事は3分で読めます

こんにちは、歌島です。
SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。
今日は急成長を続け、世界のトップシーンへ躍り出る錦織圭選手と
その急成長を支えるマイケル・チャンコーチについてです。

そのマイケル・チャンコーチと、
錦織圭選手の接点がとんねるずの番組というお話から、

どのようなコーチングを行った結果、
錦織選手の躍進に繋がったのか?
というお話をいたします。

スポンサード リンク

錦織圭選手とマイケル・チャンコーチの接点とは?

この2人の接点として、我々一般人が知るのは、
2012年の正月特番「とんねるずのスポーツ王は俺だ」で、
毎年恒例の松岡修造さんや錦織圭選手との対戦の中で、
助っ人としてマイケル・チャンさんが参戦したときの競演ですね.

そして、その後、マイケル・チャンさんが錦織圭選手のコーチに就任したわけです。
とすれば、とんねるずがキューピットとなったと、
そんな感じの雰囲気になってもおかしくはないですね(笑)

 

ただ、本当の意味での競演は、
その収録日の翌日に有明コロシアムで行われた
「東日本大震災復興チャリティードリームテニス ARIAKE」
ここでの対戦や対談であったのだろうとは思います.

マイケル・チャンがインストールした「勝者のメンタリティー」

錦織圭選手とマイケル・チャンさんが対談した際に、
マイケル・チャンさんがこう述べています.

「錦織のコーチ、マイケル・チャンは、
『とにかく過去を忘れなさい』と言う。
それは、チャンが錦織のコーチになる前の
2011年の有名な一件があるからだろう。
錦織は同年バーゼル大会の決勝直前、
『フェデラーと決勝で対戦するのはワクワクする。
彼は偉大な選手で、昔から憧れだった』と発言し完敗した。
対談したチャンに
『君はフェデラーと決勝で戦うことである程度満足していた。
あのコメントは大きな過ちだった』と指摘された。
相手が誰であろうと、試合になれば、それは倒す相手。
実績もランキングも関係ない。
チャンは、憧れのフェデラーに本気で勝つ気がなかった錦織の気持ちを
ズバッと突いたのです」

錦織を鬼指導 メンタルの弱さを指摘したチャンコーチの箴言

この言葉がマイケル・チャンさんの伝えたかった

「勝者のメンタリティー」
が伺えます.

スポンサード リンク

チャンコーチはメンタルの弱さを指摘したわけではない

このコメントを紹介している日刊ゲンダイの記事タイトルは、
「メンタルの弱さを指摘したチャンコーチ」という表現をしていますが、
この対談のことだけを言えば、
メンタルの弱さを指摘したわけではありません.

真のコーチは選手のメンタルにしろ、フィジカルにしろ、
そのものをネガティブに評価しません.

大枠は必ずポジティブにポジティブに評価していきます。
その中で現状から目をそらすわけにはいかない部分を、
細かく指摘していくわけです。

「力はもうすでに相当に高く、
ポテンシャルも凄いものがあるのだから、
ここを改善すれば、もっと上に行ける」

そういう伝え方をしなくてはいけません。

 

今回のマイケル・チャンさんの話も、
錦織圭選手のメンタルそのものが弱いと指摘しているのではなく、
フェデラー選手との対戦前のメンタルセットの持ち方のミスを、
その言葉から拾い上げて指摘したということなんです。

そこを勘違いすると、とりあえず、
厳しく、スパルタで、選手を否定して否定して・・・
というようなどうしようもない指導者が出来上がるので注意したい所です。

ゴールは常に優勝

ここでマイケル・チャンさんが指摘したのは、
当時の錦織圭選手がフェデラーと対戦するという事に満足していた、
つまり、ゴールが「対戦すること」にあったということになります。

それでは勝てるわけがありません。

今回の錦織圭選手に限らず、
どんなに弱くて初心者であっても、
僕は大会に出る以上、ゴールは優勝であるべきだと考えています.

そうでないと、他の選手にも失礼になります。

 

例えば、1回戦突破をゴールにすれば、
自ずと2回戦でのパフォーマンスは落ちますし、
それまでの準備も、鍛錬もそこに向かっていません。
この状態では2回戦の対戦相手に失礼だと僕は思っています.

ですから、僕はガチで優勝を目指して、
1回戦で大敗してしまったとして、
それはそのギャップにおおいに失望して、悔しがって、
泣きじゃくって・・・
それでいいと思います.
それがスポーツの素晴らしい側面だと思っています.

 

ちょっと話はそれましたが、
「ゴールは常に優勝」
ここが徹底できていない選手は必ずトップにはなれません。

スポンサード リンク

それをマイケル・チャンさんは伝えたかったのではないでしょうか。

実際の指導現場は見れていないので、
なんとも言えませんが、マイケル・チャンさんのコーチ就任後、
さらに進化がスピードアップした錦織圭選手。
今後の活躍に目が離せません。

診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は
関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で
時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、
それでも、患者さんの希望を、
理想的にはゴールをできるだけ掴んで、
お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

専門分野は「肩」と「スポーツ傷害」です。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ