野球のコツ:守備のポジショニング上達への近道は?

この記事は2分で読めます

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。

守備において非常に大切と言われるのが守備範囲ですが、
どんな守備範囲の広い選手も、
打球がどこに飛ぶか、その予測する能力に長けていて、
ポジショニングを自在に変えられる選手にはかないません。

そして、この能力はスタート、つまり1歩目の早さにもつながります。

ですから、ポジショニングを変えられる能力は非常に大切な守備の要素です。

スポンサード リンク

直感でポジショニングをやたらと変えるな!

多分、絶妙な守備のポジショニングでピンチを救う選手に
憧れるちゃうんだと思いますが・・・
たまにいますよね?

やたらとポジショニングを直感で変えまくって、
逆をつかれちゃう人(笑)

気持ちは分かるんですけど、
それをやっていると、
チームメイトの信頼を損ないますし、
何より、自分自身の成長につながらないんですね。

日本の武道の師弟関係で重視されている「守破離」

「守破離」というのをご存知でしょうか?

これは修行において師から弟子が学ぶときの、
ひとつの順序というか通るべき道を表しています。

まずは師匠に言われたことや、型を「守る」ことから入ります。
最初はこれを徹底します。

そして、その後に、
自分にあった型、よりよいものを作るために、
「守って」いたものを「破り」ます。

そして、最終的には、「守る」も「破る」もなく、
完全に自由になり、「離れ」ます。

この順で修行していくことが大切なんですね。

野球の守備のポジショニング能力を高めるのも「守破離」で

守備のポジショニング能力を高めるのも同様に考えてみましょう。

まずは徹底して、「守る」(守破離の守)フェーズが必要です。
冒頭で述べた残念な人のように、多くの人はこれを飛び越えようとするんですね。

基本がないままに
直感を鍛えようとすると、
得られる情報が多すぎて、脳内を混乱させて終わります。

ですから、まず、徹底的に野球のセオリーを学び、
それに従ったポジショニングを学びます。

それは野球の戦術の話になるので、僕の役割ではないと考えていますが、

必ず

  • イニング
  • アウトカウント
  • 点差
  • 打順
  • ランナー
  • 投手の力量

これらで構成される「状況」ごとのセオリーというのが、
野球にはありますから、
指導者から学び、そして、野球の試合を実際に見て学び、
指導書を読んで学びということが必要です。

スポンサード リンク

そして次の段階:セオリーを「破る」

セオリーをまず徹底的に学ぶこと。
この段階を超えた人が、次の「破る」という段階である、
直感に近い、打者の雰囲気やしぐさ、また、
ピッチャーの調子や投げるコース、球種によるちょっとした変化を捉えることにとりかかります。

そういったより「細部」に目を向けて、
何かしら感じたものに敏感になる。

ここでおすすめは一気にセオリーを「破る」というよりは、
インパクトの瞬間のわずかな「重心」であったり、
半歩のポジショニングの変化だったりというような
小さな違いから始めることをオススメします。

小さな違いだけど、自分の中では明らかに違う動きやポジショニング。
これを行うと、毎回、結果が出ますよね。
思った通りの打球が飛んできたのか、
その逆だったのか。

このフィードバックを重視し、
積み重ねていって、よりその「細部」を捉える精度を上げていきます。

このように「守」でも地道な学び、
「破」でも地道な積み重ねなんですね。

これを経て、ポジショニングが絶妙と言われる選手になれるわけです。

ぜひ、一歩一歩、「読みが鋭い!」と言われる守備の名手への道を歩んでいっていただきたいです。

スポンサード リンク

変わる快感クラブ野球

診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ