ポキポキと関節の音が鳴る原因は?スポーツドクターが解説

この記事は3分で読めます

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。
SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。

スポンサード リンク

 

突然ですが、

関節ポキポキ、鳴りますか?

 

周りにいませんでしたか?

異常なほどに指の関節を鳴らす人とか、
それを見て、「それ関節壊れるからやめたほうがいいよ!」
と物知り顔で言う友達とか(笑)

 

でも、実際どうですか?
「いやぁ、指鳴らしすぎてたら関節ぶっ壊しちまったよ!」

っていう人に出会ったことありますか?

 

なんなんでしょうか?
この「ポキポキ音」・・・

実は謎なことが多いんですが、
この「ポキポキ音」について考察することで、
関節というものをより理解してイメージしやすくなると思いますので、
しばしお付き合いください。

関節のポキポキ音はどこからきている?

まず、これがどこで鳴っているのか?ということですね。

これについては具体的には明らかにされていません。

ただ、有力な説は
関節の中とそこと交通する滑液包と呼ばれる袋です。

その中の「水」と圧力が関係していると考えられています。

スポンサード リンク

関節に水?滑液包とは?

関節の中の水と言うと、
ではポキポキ音が鳴る人は、
水がたまっているのか?思われるかもしれません。

しかし、関節の中は、
かならず水があります。これを関節液と言いますが、
これがないと、関節を動かすときに、
いくら滑らかな軟骨とはいえ、ゴリゴリ言いますよね。

関節液は油ではないですが、
よく「潤滑油」のような役割と表現します。

つまり、スムーズな動きにも関節の軟骨の保護にも、
関節液は必須なんですね。

では、滑液包とはなんでしょうか?

これも実は水が入っています。
その名の通りですね。
「滑液」という液体が入った「包み」(袋)です。

これは、関節の周囲で、
骨との摩擦が起こって傷めやすいところにあって、
摩擦を減らしてくれるクッションの役割をしています。

また、関節に栄養を与える役割もあります。

例えば、
よく五十肩と言われる肩が痛いケースでは、
多くは「肩峰下滑液包」と呼ばれる滑液包の炎症が起こっています。

これは肩峰という肩甲骨の屋根に当たる部分と、
その下を走るインナーマッスルとの間の摩擦が原因で、
そのクッションの役割を果たす滑液包に水がたまってしまうんですね。

肩峰下滑液包

引用画像:肩関節のMRI 第2版 MEDICSL VIEW

ここで、繰り返しになりますが、
この滑液包(今回の例では肩峰下滑液包)には水がある程度は入っています。
その水の移動によって音がなるケースが痛みのないポキポキ音です。

ただ、痛みを伴うポキポキ音は注意してください。
この画像のようにインナーマッスル(肩では腱板と言います)が、切れてしまっていたり、
その原因となりうる滑液包の炎症、水のたまりがあるかもしれません。

関節のポキポキ音は結局悪いものなの?

ここまでで、関節の中、もしくは滑液包という袋に
水が入っていることはご理解いただけたと思います。

そして、ポキポキ音というのは、
この水の移動による圧力の変化が原因だと考えられています。

ちょっと厳密には違いますが、
シャボン玉が弾けるときに音がなるようなイメージです。

つまり、
何か軟骨とか骨とかがぶつかって音がなっているわけではないんですね。

ですから、よく、
「痛くはないんですが、ここの関節が音がなるんですけど、
大丈夫でしょうか?」
と患者さんに聞かれることがありますが、
「痛くなければ、極端に心配する必要はないですよ」
と答えています。

ただ、全くの無害か?
と言えば、まだ答えは出ていません。

例えばアメリカのリウマチ膠原病関連の論文では、

「指を鳴らす癖がある人とない人を比べると、軟骨のすり減り(変形性関節症)には差がないが、指を鳴らす癖がある人は握力が75%低く、手の腫れている傾向がある」

Ann Rheum Dis. May 1990; 49(5): 308–309.
PMCID: PMC1004074
Effect of habitual knuckle cracking on hand function.

なんて報告があります。

ホントか!?
って思っちゃいますが、そういうデータが出ているようです。

なぜ握力が落ちるかということの詳細は考察も含めて、
しっかりなされてはいませんが、
ただ、音がなるほどの圧力の変化が、
関節に何の影響もないことはないでしょうから、
避けられるなら音を鳴らすことは避けたいですね。

ここまでの内容は煮え切らないかもしれませんが、
医学とは現状こういうものです。

仮説と検証の繰り返しのまっただ中で、
これはこれからも続くでしょう。
人類の歴史はずーっとこうかもしれませんね。

まとめると、

  • ポキポキ音は関節内の水の一瞬の変化が原因である
  • 何か関節の構造物がぶつかっているわけではないので極端に心配する必要はない
  • 完全な無害とは言い切れないので、避けられるなら避けましょう

ということになります。

 

MRIを使った最新の研究で、
ポキポキ音の正体により迫りましたね。

その論文の紹介から、
ポキポキ音をどう考えるべきか、
さらに掘り下げた、こちらの記事もご参照ください。

ポキポキ関節を鳴らしてスッキリした気になってはいけない理由

スポンサード リンク

最後に一番大事なことですが、
音とともに、もしくはその関節に「痛み」があるなら、
整形外科を受診してください。

膝であれば半月板損傷、肩であれば腱板断裂、
その他関節内遊離体(関節ねずみ)などなど、
治療が必要な「ポキポキ音」もありますからね。

たとえば、膝がポキポキ鳴って、痛い!
ということであれば、これ↓かもしれません。

半月板損傷の治療 注射で治るのか? わかりやすく解説

 

では、今日はこの辺で。

異次元の革命的スポーツ復帰術

 

sports_return_method
お名前
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料7日間集中ビデオ講座


■ご登録はこちら↓

お名前
メールアドレス
詳細はコチラから。

アーカイブ