野球の守備 ショートバウンドの合わせ方のコツ

この記事は3分で読めます

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。
SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。

スポンサード リンク

ショートバウンドやハーフバウンド、
これがカッコよくキャッチできるか否か?

これがある程度のレベルまでは、
守備の上手い下手を見極められるポイントになりますよね。
ただ、ある程度のレベルになれば、
あまり差がなくなります。
ショートバウンドなら捕れて当たり前という状況です。

そのレベルの選手たちと、
なかなかショートバウンドが捕れない選手たちの
違いはどこにあるのでしょうか?

最初に克服すべき恐怖心

まず最初は恐怖心を克服しないと
スキルのステップに進めません。

そして、その恐怖心を克服するためには、
どこから恐怖心が来るのかを知る必要があります。

 

どこから恐怖心がくるのかと言えば、

ショートバウンドについて「知らないこと」
から来ることがほとんどです。

どういうことでしょうか?

 

よくショートバウンドが来た時に、
顔をそむけてしまう選手がいます。

これはショートバウンドを「知らない」
ことが原因で恐怖心に支配された結果であることが多いです。

 

何を知らなくてはいけないかと言うと、
ショートバウンドはその名の通り、
ボールが跳ねた直後の短いバウンドのことなので、
普通は顔まで届きません。

当たるとしても、下半身か、
グラブ周囲です。

ですから、顔をそむけても、
避けたことにすらないどころか、
目を離すことのリスクや、
顔のそむけ方によっては、イレギュラーが顔にぶつかるリスクを高めます。

目を離すことのリスクは解説するまでもありませんが、
そむけ方によっては・・・というのは、解説が必要です。
顔をそむけるというのは、
多くの場合、顔が横から背中側に向きます。

そうすると、どうしても上半身もそらすことになり、
バウンドした位置から顔が離れます。

そうすると物理的に顔にボールがぶつかりやすくなります。
このイラストのような状況ですね。守備_バウンド

恐怖心を克服すればショートバウンドは捕れて当然

以上の原理を「知って」
恐怖心を克服した後には、
グラブの使い方をマスターするだけでショートバウンドは
捕れて当然になります。

そのグラブの使い方とは

リラックスして、グラブを立てる

これだけです。

スポンサード リンク

グラブの使い方(1):立てる

まず先にグラブを立てるということを解説します。

ショートバウンドのボールの動く方向を考えてみましょう。

当然のことながら、斜め下から上ですよね。
そして、そのボールを捕るためには、
その方向に可能な限り垂直にグラブを向けるのが、
最も捕れる範囲が広くなります。

それに対して、
グラブをボールの方向に平行に近くしてしまうと、
(グラブが寝ると表現しますね)
ボールを弾きやすかったり、捕球面に捉えられないことが
起こりやすくなります。
守備_バウンド

グラブの使い方(2):リラックス

次のグラブの使い方として、
リラックスを挙げたいと思います。

というのも、
どうしても不慣れな選手は、
ショートバウンドが来ると緊張してしまい、
グラブを閉じるタイミングが狂ってしまうんですね。

そのグラブを閉じるタイミングは、
実は基本的には難しくないんです。

リラックスさえできていれば、
自然と然るべきに閉じるもんです。

しかし、力が入っている選手の場合は、
ほとんどのケースで、
「早く」閉じてしまいます。

ですから、閉じかけのグラブで、
捕球する面が小さいので、
弾きやすいんですね。

 

ショートバウンドを捕れるグラブの使い方の練習法

そこで、グラブの使い方(1)と(2)を
同時にマスターする練習法をお伝えします。

ポケット当てトレーニング

この練習は

  • ショートバウンドを投げてもらって
  • グラブをおもいっきり開いた状態をキープして
  • グラブのポケットという一番捕るのに適したポイント(一番深いところ)にボールを当てる

というものです。

もちろん、ボールは跳ね返るように落ちます。
それでいいんですね。

ポケットに安定して当てるには、
グラブを立てないといけません。

そして、どうしても力んで
「早く」グラブを閉じてしまうのを矯正するために
逆にグラブを閉じないという体験をしてもらいます。

非常にシンプルな練習法です。

しかし、これでかなりすんなりショートバウンドへの
苦手意識が減っていきます。

「入った!」養成トレーニング

そして、安定してグラブのポケットに当てられるようになったら、
今度は思いっきり開かずに、
リラックスして、グラブのポケットにボールを当てます。

今度は無理に開いていないので(捕る直前に開くのはアリ)、
自然と反射的にグラブが閉じて、
「入った!」感覚になる選手が多いです。

スポンサード リンク

その時に「捕ろう」と力まないことが大切です。
あくまで「入った」状況を目指します。

グラブを「早く」閉じてしまった場合には、また、
「ポケット当てトレーニング」に戻ります。

あくまでも「入った」状況を作り出し、
その捕り方を習慣化します。

 

このポケット当てトレーニングから、
「入った!」養成トレーニングの流れで
ショートバウンドが当然のように捕球できる状態を
目指していただければと思います。

変わる快感クラブ野球

sports_return_method
お名前
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料7日間集中ビデオ講座


■ご登録はこちら↓

お名前
メールアドレス
詳細はコチラから。

アーカイブ