笑顔が笑顔を引き寄せる効果

この記事は3分で読めます

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。
いつも記事をご覧いただきありがとうございます.

スポンサード リンク

スポーツ発
変わる快感経由
笑顔連鎖行き

これが我々、SMCの目指す世界です。

つまり、

スポーツに関わる人が、
なりたい自分やチームに変わる快感を味わい、
その結果笑顔が連鎖していく

そういう世界です。

今日はそんな笑顔連鎖についてお話します。

笑顔が笑顔を引き寄せるという論文

1991年に
Personality and Social Psychology Bulletinという学術雑誌に、
「Smile and (Half) the World Smiles with You, Frown and You Frown Alone」
という論文が掲載されました。

これは
しかめっ面の人を見ても、
人は反応してしかめっ面になることは少ないけれども、
笑顔を見たときは、
その半数以上が反応的に笑顔になったという実験です。

 

これは多くの人が経験していることだろうと思います。

笑顔はもともと連鎖する力があるんですよね。

スポンサード リンク

ピエロのように生きる

では、その笑顔連鎖を
あなたからスタートするにはどうしたらいいでしょうか?

もちろん、我々は、
あなた自身がなりたい自分に変わって、
その変わることに快感を覚えてしまって、

その結果やその過程を見守ってくれている人に
笑顔をつないでいくこと。

それが一番効果的だと思います。

つまり、「変わる快感経由」ですね。
ただ、さらに根底にあるメンタリティー、
心構え、精神性・・・のようなものとして、
ピエロのように生きるということをお話します。
ピエロはご存知の通り、
その奇怪なメークと滑稽な動作や振る舞いで
人を笑わせる、もっというと笑われる仕事ですね。

でも、ピエロをやっている人たちの多くは、

「人を笑顔にさせる仕事」として誇りを持っています。
いつ、いかなるときも、
「人を笑顔にすること」

これだけに特化した仕事。
そのピエロの本質だけをすくいとって、
ピエロのように生きるということを提唱しています。

 

白塗りの化粧をする必要も、
滑稽に振舞う必要もありません。

ただ、「人を笑顔にする」ということに
全力で取り組むということです。

もちろん、そのやり方は、
百人いれば百通りあると思います。
でも、ピエロは
「あー、疲れた・・・」とか
「あー、やる気ない・・・」とか、
「なんかうまくいかない」とか、

そんな感じで、暗い顔のまま
笑えるツボもなく舞台には立ちませんよね。

そんな状況すらネタにしちゃうでしょう。

感情を隠す必要はない

ピエロは厚く化粧を塗って、
もとの自分の感情を押し殺してまで、
人を笑顔にしようとします。

ピエロの化粧に「涙」が描かれている理由として、

好きな人に気持ちを打ち明けず、感情を隠して、
好きな人の恋愛を応援した
というエピソードからきているという説があります。

しかし、その部分を真似する必要はありません。

 

「涙」が描かれているもう1つの説として、

ピエロの名前を定着させたと言われている
バチスト・ドビュローという役者のエピソードがあります。

バチスト・ドビュローはまったく喋らず、
パントマイムで表現する役者でした。

それは今のピエロもほとんど同じですね。

そのドビュローの引退公演の時に、
カーテンコールで鳴り止まない拍手と喝采を前に、
ドビュローは声を出して涙を流しました。

それを見た後輩が、
次から涙をメークに入れて
舞台に立つようになったと言われています。

 

それだけ人の心を打つ「涙」だったわけですね。

 

 

つまり、
日々、「人を笑顔にする」ということに
全力を注いでいる人の
「涙」はそれだけ人の心を打つということです。

感情は隠す必要はありません。
常日頃「人を笑顔にする」ということさえ、
意識して、行動していれば、
溢れる感情をさらけ出すことは何も恥ずかしいことではありません。

 

また、怒りや悲しみのような、
相手にネガティブに取られてしまうような感情だとしても、
日々、人を笑顔にすることにコミットしているのであれば、
いつか相手にも伝えたいことが伝わります。

それが常に自分の損得で生きていて、
しょっちゅう人に怒鳴り散らしたり、
しょっちゅう人の気を引くような態度をとっていれば、
そうはいきませんよね。

一番大切な人のピエロから始めよう

それでもなお、
「ピエロなんて、そんな生き方が自分にできるのか?」
と思われるかもしれません。

 

「そんな多くの人を笑顔にできるのか?」

でも、そんなに気を張る必要はありません。

 

 

まずはあなたの身近で、
一番好きな笑顔を見つけてください。

 

おそらく一番大切な人の笑顔なのかなと思います。

「その人を笑顔にする」

これに全力で取り組む。

 

「一番大切な人のピエロになる」

 

そこから始めてみてください。

 

 

つまり、一番大切な人の笑顔を最優先で考える。
自分のあらゆるゴタゴタよりも・・・です。

その視点で過ごしてみると、
一番大切な人の笑顔を最優先で考えたら、
実は自分が輝いて、本当の意味で自分らしくいることが、
結局一番の近道なんだということに気づくかもしれません。

 

何事も0から1が大変です。
1人の人の笑顔に全力を注げるようになれば、

そこから、多くの人の笑顔に
力を注げるように拡大していくことは
想像以上に簡単です。

そして、最初に言った通り、
笑顔は連鎖します。

笑顔連鎖をともに巻き起こせれば最高です。

スポンサード リンク

 

今日は珍しく、
スポーツそのものについては語りませんでした。

ただ、スポーツ選手や指導者、関わるすべての人に、
考えて欲しい、笑顔連鎖のお話をさせていただきました。
では!

指導者は変わる快感クラブへ

sports_return_method
お名前
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料7日間集中ビデオ講座


■ご登録はこちら↓

お名前
メールアドレス
詳細はコチラから。

アーカイブ