半月板損傷の治療 注射で治るのか? わかりやすく解説

この記事は4分で読めます

サッカーコーチ
おい、どうした!!どこか傷めたか?

サッカー選手
あ、監督・・・膝が少し

サッカーコーチ
何かしたか?

サッカー選手
わからないです・・・さっきのミニゲームの後からなんですが。

 

スポンサード リンク

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。。
SMCの記事をご覧いただきありがとうございます。

 

今回は膝の痛みの原因として、
おさえておくべき半月板損傷について
スポーツドクターの視点からお伝えします。

 

 

今回の記事で、
一通り、あなたなりの言葉で
半月板損傷を説明できるようになります。

そして、最後には注射についても解説いたします。

半月板とは?

こちらは半月板のイラストですが、

半月板_解剖
膝の内側外側に、
半月状というか三日月状に挟まっています。

この半月板は、一言で言えば
膝関節の軟骨性クッションです。

 

人の軟骨にはいくつか種類があって、

多くの人は、
骨付きの鶏肉などの骨の先にある、
ツルツルした硬いところをイメージするかもしれません。

これは専門的には硝子軟骨(しょうしなんこつ)といって、
比較的硬め(かため)です。

 

それに対して、
半月板は線維軟骨(せんいなんこつ)と言って、
もう少し柔らかく弾力性があります。

だから、クッションの役割になるんですね。

 

他には、
腰や背中にある背骨のクッションになる
椎間板も線維軟骨になります。

スポンサード リンク

なんで半月板が傷む?【半月板損傷のメカニズム】

人類が4足歩行から2足歩行に進化して、
一気に体重が2倍以上かかるようになりました。

それも、

上下の股関節と足首が自由奔放に動くもんだから、
その間に挟まれる膝はかなり大変です。

 

気まぐれにあちこちに動く社長(股関節)と、
フラフラして安定しない新入社員(足首)の間で
四苦八苦する中間管理職(膝)みたいなものでしょうか。

 

股関節も足首も
自由な幅広い動きをするものですから、
その間に挟まれる膝は、
多様な方向、強さの力、体重がかかります。

それをクッションである半月板が、
衝撃吸収しているわけですが、
それも限界があります。

特に膝はひねられる動きに弱い
と言われています。

 

膝自体は曲げ伸ばしは大きく動きますが、
左右やひねる動きには
十分に対応できる形ではありません。

 

特にスポーツ動作において、
カッティング動作などの急激な方向転換や、
横方向、斜め方向からの強い力が加わる外傷などが
原因になりやすいですが、

 

そういった明らかな原因が
思い当たらないケースもあります。

その場合はオーバーユース
使いすぎ、負荷の足し算が原因と考えられます。

半月板が傷むとどうなる?【半月板損傷の症状】

半月板が傷むとどうなるか?
つまり、どういう症状が出るか?

ということですが、その前に、

半月板が傷むというのは、

半月板に切れ目が入るということです。
イメージとしては・・・
切れる方向は3次元的に様々ですが、
チーズが裂けるような感じでしょうか。
(もちろん、あんなに簡単じゃないですが)

 

 

その状態になると、出てくる症状は
まずは想像通り膝の痛みです。

半月板のどこを痛めるかで、
痛い部位や痛い動作が変わりますが、

最も数が多い 内側の後方よりの損傷では、
しゃがんだり、階段の上り下りなど、
膝を深く曲げて体重がかかるときに
痛みが出ます。

 

 

また、半月板が損傷すると、
損傷したところでグラグラと動くようになり、
動いたときにコキコキと音が鳴り
そのときに痛みを伴うことがあります。
クリックと言います)

そして、そのグラグラが強まり、
いよいよ、おかしな位置に切れ端が
はさまってしまうことがあります。

こうなると、ちょくちょく
ひっかかる感じがあったり、

ひどいときは、
膝が伸ばせなくなります。
ロッキングと言います)

スポンサード リンク

半月板が傷んだらどうする?【半月板損傷の治療】

切れた半月板は放っておけば治るのか?

実際の治療はどうするか?という話の前に、

切れてしまった半月板は
いずれくっつくのかどうか?

ということです。

 

結論から言うと、かなり厳しいです。

 

その理由は、
皮膚に傷がついてしまった場合と
対比してみるとわかります。

 

 

カッターでもナイフでも、
なんでも皮膚が切れた場合は、

出血しますよね?

そして、まぁ、数日から
1週間くらいで治ります。

この治りの良さは、
出血と関連があります。

つまり、皮膚はそれだけ血の巡りがいい
からこそ、治りがいいんです。

なぜなら、血は傷んだところを
治す材料を運んでくれるからですね。

 

 

それに対して、半月板は
関節の中にあります。

関節の中は非常に血の巡りが悪いです。

 

それは、関節がまるで聖域のように
非常にきれいでデリケートな構造をしていて、

そもそも皮膚のように外界にさらされて、
痛める前提の場所とは違うんですね。

 

だからこそ、
関節の中はそんな簡単には傷まない代わりに、
傷んだら治りが非常に悪いんです。

治りが悪いなら手術しかないのか?

そう考えると手術しかないかと考えちゃいますが、
やはり、手術という選択肢は後にとっておくのが基本です。

 

半月板が多少切れていても、
スポーツが出来る選手はたくさんいます。

 

要は、切れていることが問題なのではなく、
痛みがあってスポーツができない、
日常生活が送れない

そういったことが問題なんですね。

 

 

ですから、切れてしまった後の痛みが
改善していくのであれば、

ヒアルロン酸の注射などをしながら、
様子を見るのが一般的です。

それでも良くならなかったら、
手術を考えます。

ヒアルロン酸の注射は効くのか?

先ほどお話しした通り、
切れた半月板がくっつくのを期待するのは
厳しいです。

 

じゃあ、効かないのか?

 

と言えば、違います。

 

 

繰り返しになりますが、
切れてることが問題じゃなくて、
痛くてやりたいことができないのが
問題です。

 

であれば、痛みさえとれれば、
手術を回避できます。

 

そして、痛みはどこで起こってるか
と言えば、
もちろん、切れたところだと思いますよね?

 

でも、それだけじゃないんですね。

 

半月板が切れるほどの衝撃やオーバーユースですから、
その外傷による関節の中の炎症が起こるのは当然のこと、

半月板のクッションの働きが落ちて
関節の中に炎症が起こることが多いんです。

 

そして、ヒアルロン酸には、
その炎症を抑える効果があります。

ですから、関節の中にヒアルロン酸を
注射することは理にかなった治療です。

 

 

とは言っても注射は痛いし、
嫌だし怖いですよね。

 

少しでも不安が軽減すればと
思って書いた記事がこちらです。

膝の水に対する治療 抜かなきゃダメ?

ご参考になれば幸いです。

 

では!

変わる快感サッカーはんげ

sports_return_method
お名前
メールアドレス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料7日間集中ビデオ講座


■ご登録はこちら↓

お名前
メールアドレス
詳細はコチラから。

アーカイブ