ピッチングフォームの基本 打ちにくい投手の第一歩はこれ!

この記事は3分で読めます

今回はピッチングフォームの基本、
打ちにくい投手への第一歩として、以下の3つの用語

  • 腕のしなり
  • 肘を出す
  • 腕が遅れて出てくる

ということについて解説いたしました。

スポンサード リンク

動画とそのテキストを用意しておりますので、
お好きな方をご覧ください。

ピッチングフォームの基本:腕のしなり

この腕のしなりという表現は
野球の解説者の方もよく使いますし、
多くの指導者の方も使う言葉だろうと思います。

しかし、これも感覚的な表現で曖昧ですよね。
別の表現だと、
ムチのように・・・
とか、

やわかかく・・・
とか、

そんな表現になるでしょうか。

腕がしなってない状態=ロボットの腕

ここで腕のしなりとは?
ということを考えたいのですが、
そのためにまず

逆の

腕がしなってない

これはどういう状況かを考えてみましょう。

それは極端な例で言うと
肩から手までまっすぐ棒のような
まさに一昔前のロボットのような状態。

これで腕を振れば

しなりゼロ

と言っていいでしょう。

それに対して、
しなり100%というのは、
ムチのようなカーブを腕が描く状況ですよね。
きれいな円弧を描くという感じです。

ただし、振られる腕は
硬ーい骨で構成されていますから、
それは無理な話です。

しかし、骨だけでなく、
そのつなぎ目である関節がありますので、
そのムチのようなカーブを表現するのに
手首の関節、肘の関節、肩の関節を上手く使うこと

これがしなりを生む秘訣になります。

まぁ、当然の話ですね。

結局、運動連鎖が鍵!

これは結局
まず肩が回ってきて、
次に肘が前に来て、
最後にボールを持った手が前にくるという
順番通りに腕が加速される。

それはまさに、
前回の記事で述べた

運動連鎖の通りに加速されれば勝手にしなる
ピッチングフォームの基本用語 これを知らないと始まらない!

ということになります。

ですから、逆にそこの動きをいじって、

腕をしならせろ

という表現はかなり危険だと考えています。
その危険な指導の一つを次にご紹介します。

危険なピッチャー指導:肘を前に出せ!

肘を前に出せというような
指導の仕方をしていることがあります。

これは僕も受けたことがありますし、
実際、後輩にそういう表現をしたこともあります。

これは何を求めているかと言えば、

腕がしなる場面で
十分にいいしなりを出したい。

ということなのだろうと思います。

 

たとえば、プロのピッチャーで
腕がしなってないピッチャーはいないわけですが、

始めたばかりの投手は押して投げたり、
しなってないように見える投げ方がよく見受けられます。

そこで、しなりを出すために

肘を前に出せ

それでしなりを生もうとするわけですね。

肘を前に出せというのは弊害が大きい

ただし、先ほど述べたとおり、
しなりを出そうとすることは
弊害の方が大きいと考えています。

基本投げる動作において、
しなりは勝手に出る物であるということ。

運動連鎖というものの中で
勝手に腕は加速される
しなりも勝手に生まれる
ということ。

これを先ほど説明いたしましたが、
それにもかかわらず、

無理に肘を前に出せ

という指導の下、
肘を前に出そうとすると、
多くのケースは
リリースに向かう途中で、
どうしても肘が下がってしまいます。

これは非常に問題ですよね。

かなり障害のリスクが高まる、
野球肩、肘の障害につながる危険な指導だと言えます。

スポンサード リンク

これは打ちにくい!腕が遅れて出てくる

「このピッチャーは腕が遅れていいですね。」

というようにいい意味で
使われるケースが多いこの言葉ですが、
ではどういった状態なのでしょうか?

一つ大きな要素として、
バッターから見て
腕が遅れて出てくるということがあります。

バッターからすると、
いきなりボールがリリースされて、
タイミングがとりにくかったり、
ボールが球速以上に速く感じるはずです。

では、なぜ腕が遅れて見えるのでしょうか?

様々な要因があると思いますが、
最初に抑えるべき2つの要因をご紹介します。

腕が遅れて出てくる2つの要因

開きが早くない

開きが早いという言葉を解説いたしましたが、
ピッチングフォームの基本用語 これを知らないと始まらない!

いい投げ方というのは、
開きが遅い、早くない投げ方になります。

それは言い換えると、
投げる方向にグラブ側の肩が
まっすぐ向いている状態。
この状態を我慢できて、
いきなり体幹が回旋し、
さらに腕がいきなり出てくる。

そんなイメージです。

腕のしなり

2つめは先ほどご説明した
腕のしなりですね。

これがしっかりできていると、
当然のことながら、
ボールは後ろに残っています。

逆にしなりがなければ、
すぐに手、ボールが出てきてしまいますね。

この二つが腕が遅れて出てくると表現されるような
打ちにくい投手になる最初の必須条件と言えます。

スポンサード リンク

お読みいただきありがとうございました!

関連する記事も参考にしていただければ幸いです。
シェアなども大歓迎です。

診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は
関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で
時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、
それでも、患者さんの希望を、
理想的にはゴールをできるだけ掴んで、
お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

専門分野は「肩」と「スポーツ傷害」です。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ