正しい投球フォームへの基本用語解説 スポーツドクター解説

この記事は3分で読めます

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

今回は正しい投球フォームへの基本用語ということで、
以下の3つの、

  • ピッチングフォームの基本用語 ヒップファースト
  • ピッチングフォームの基本用語 並進運動
  • ピッチングフォームの基本用語 フットコンタクト

ということについて解説いたしました。

どうぞ、お好きな動画をご覧ください。

スポンサード リンク

正しい投球フォームへの基本 ヒップファースト

日本語では
お尻 第一
みたいな変な訳になってしまいますが(笑)

野球、ピッチングの中では、
ピッピングファーストという言葉を
使って指導されるケースが良くあります。

どういう動作?

ワインドアップフェーズで
足を上げた瞬間から腕が離れる瞬間までの
「これから前へ行くぞ」という時に、
お尻から行くということです。

この逆として
お尻から行かない時は、
多くは肩から行きます。
これを、ショルダーファーストと言います。
これは、良くないと言われています。

なぜなら
肩や肘に負担
かかりやすい動きだからですね。

実際に、
パフォーマンスを発揮し、
同時に肩肘への負担が強いのは
最大外旋位の周囲です。

ここでの動きが

  • 理にかなったものであるか
  • 原則に外れていないか

が1番大事です。

 

ただし、この瞬間はどうしようもないですね。
つまり、意識の介入が難しいということです。
むしろ、意識すればするほどおかしくなってしまいます。

ここから逆算して
どこを直していけばいいのか
という考え方をしましょう。

その最初の1つのポイントとして
ヒップファースト
というものがあるわけです。

 

 

ショルダーファーストで
1番多いケースでは、
開きやすいということがあります。

ヒップファーストでは、
肩を閉じた状態で並進運動が出来ます。
ですが、ショルダーファーストでは
動画でご覧の通り、開きやすいのです。

ですから、正しい投球フォームにするには、
お尻から行く
ヒップファーストが重要と言われています。

 

正しい投球フォームの基本 並進運動

ピッピングの中で並進運動と言えば
ステップのことを指します。

原則を理解しよう

ピッチング動作の原則を理解すれば
その重要性が分かると思います。

ピッチング動作というのは
最終的には持っている
ボールを加速させるということ。
それも正確に加速するということです。

まずは下半身から始まります。
つまり、地面の反力です。

地面の反力というのは
後ろ足から前足へステップする時に
地面を後ろ足で蹴っているのです。

もしくは、あえてバランスを崩して前足へ落ちる動き(重力)です。
このような様々な力を使って運動エネルギーを作ります。
この運動エネルギーが
並進運動の運動エネルギー
となります。

つまり、前へ進むエネルギーです。

その後、前足が着地した瞬間に
並進運動の全部を受け止めて、
上手くその力を股関節から
体幹のローテーション(回旋)運動に
つなげるということが原理です。

このような流れの中で
最初にエネルギーを得るいうことに
並進運動は非常に重要なことなのです。

スポンサード リンク

正しい投球フォームの基本用語 フットコンタクト

よく英語の論文で
フットコンタクトという言葉が使われています。

日本語では
足の接地ですね
地面へ接する瞬間ということです。

ステップでの前足が接地する瞬間
つま先や踵が着く瞬間です。

これを厳密にいうと
Early Cocking phaseと
Late Cocking phaseの
変換点なのです。

スポンサード リンク

1つの提案

ピッチング動作を理解する上で、
変えてほしい
思っている点があります。

それは、
フットコンタクトというと、
一瞬の接地した瞬間というイメージになってしますが、
理解し改善していく上で重要なのは
足が全部着いた瞬間です。

日本語でいうと
接地というよりも着地です。
フットランディング
言い換えた方がいいのかもしれませんね。

このような言葉のほうが、
ピッチング動作の変換点ということで
重要なのではと思います。

それは、なぜかというと
接地した瞬間では、
力が前足に
あまりかかっていないのです。

ただ全部着いた瞬間から
地面から反力を貰って、
並進運動を回旋運動へ繋げる瞬間ですから、
この場所こそが、変換点だと思うのです。

ですから、全部足が着いた瞬間の動きで
様々な動作を評価していくというのが
自分のなかでは重要なのかなと思っています。

この点については議論が分かれるところだと思います。

 

お読みいただきありがとうございました!
関連する記事も参考にしていただければ幸いです。

シェアなども大歓迎です。

 

 

診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ