カリスマの語源にカリスマ性獲得のヒントがあった

この記事は3分で読めます

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。
歌島です。

スポンサード リンク


カリスマ、カリスマ性、カリスマ美容師、カリスマモデル・・・
などなど昨今、この言葉はよく耳にしますね。

このカリスマという言葉、
それはヨーロッパから来た言葉です。
そして、今の使われ方とは少し違う言葉であったようですが、
そこにカリスマ性を獲得するヒントがありました。

カリスマの語源は神の恩寵

カリスマはギリシャ語kharisma(神の恩寵)に由来すると言われています。
このKharismaは予言や奇跡を行う超能力で、
科学発達以前のそういった神秘的な世界に対する信仰が
強かった時代特有の言葉だったのかもしれません。

もうちょっと噛み砕けば、
「天から与えられた才能」と言ってしまってもいいかもしれません。

ドイツの社会学者、Max Weber(マックスウェーバー)が
1922年に出版されたWirtschaft und Gesellschaft(経済と社会)において
天賦の統率力という意味でcharismaを使っています。

つまり、ギリシャ語kharisma(神の恩寵)=「天から与えられた才能」
という意味でより神秘的であった頃から、
20世紀の前半ごろに特に
「人の上に立つ指導者としての生まれつきの才能」
という意味に変わってきたということです。

現代日本でのカリスマの使われ方

では、現代の日本ではどのように使われているのでしょうか?

誤解を恐れず、シンプルに言うのであれば、

「憧れの的」

これをカリスマと呼んでいるような状況です。

カリスマモデルはモデルの中でも特に多くの女性たちに憧れられている存在ですし、
カリスマ美容師も美容師業界やオシャレに興味がある人たちにとっての憧れであると言えるでしょう。

「カリスマ性があるよね」と言われる人たちは、
多くの人を惹きつける何かがあるというようなニュアンスがあり、
要は「憧れの的」と言い換えちゃっていい気がします。

 
ずいぶんカジュアルな用語になってきたなぁという気がしますが、
それでも、そのカリスマ性というものは、
何か生まれ持ったモノであるようなニュアンスも含まれているのは、
語源からの名残でしょうか。

そんなカリスマ性を獲得するというのは本当に可能なのか?

ということについて考えてみましょう。

カリスマ性を獲得するヒント

生まれ持った、天からの授かり物のようなニュアンスを今も含む
カリスマ性という言葉

そのカリスマ性を後天的に獲得するのは無理なのでしょうか?

そのヒントは、ギリシャ語の語源Kharisma=予言や奇跡を行う超能力
という点にありました。

 

現代人からみると「予言や奇跡を行う超能力」は非現実的で
非科学的で、何かタネがあるものというイメージをもつでしょう。

しかし、当時の人にとっては、
天から授かった、生まれ持ったモノとして存在していました。

つまり、「生まれ持ったものに見えても、そうではない」
それがカリスマ性の語源だったといえるわけです。

ちょっと無理矢理な感じもなきにしもあらずですが、
多分に真実も含んでいると思います。

また、現代を振り返っても、
カリスマ美容師なんていうのは、
マーケティングの用語と言ってもいいくらいに溢れています。

そのカットテクニックが生まれ持ったモノであるというケースは
むしろ稀でしょう。
ただし、美容師なりたての人に比べれば、
そのテクニックは「圧倒的」であることが必須ではないかと思います。

この「圧倒的」というのが、
「生まれつき」とか「天からの授かり物」に代わる、
カリスマ性に必須の要素ではないかと考えています。

ギリシャ語のKharisma=予言や奇跡を行う超能力においては、
カリスマ性のある人たちは
「圧倒的」な先を読む能力や奇跡と思われる何かを行う能力があった。

また、ドイツ語のcharisma=統率力という意味では
カリスマ性があった人たちはその「圧倒的」な統率力で、
多くの人を率いていたのだろうと思われます。

今現代の「憧れの的」であるカリスマたちは、
自らの活躍する分野において
「圧倒的」な他の追従を許さない能力を持っている。
ということになると思います。

 

イチローにはカリスマ性がありますよね。
錦織圭にも、本田圭佑にもありますよね。
また、彼らと違い、ピッチ内外でいろいろ問題を起こしている選手たち・・・
あえて例は挙げませんが、そういった人たちも、
「圧倒的」な能力はあれば、
「素行は悪いけどカリスマ性はある」と表現されたりします。

そういった意味では、
天才にしか獲得し得ないものではなく、
努力で「圧倒的」な能力を獲得すれば、
カリスマになれる。

そう僕は考えています。

診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は
関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で
時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、
それでも、患者さんの希望を、
理想的にはゴールをできるだけ掴んで、
お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

専門分野は「肩」と「スポーツ傷害」です。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ