夏バテ対策は食事より運動が重要である理由とは?

この記事は3分で読めます

こんにちは、歌島です。
本日も記事をお読みいただきありがとうございます。

スポンサード リンク

夏バテ対策進んでいるでしょうか?

毎年、猛暑猛暑と言われては、
外に出るのがおっくうになり、
ちょっと外出するとすぐに疲れ、体調を崩してしまう。

そんな状態では夏を満喫できませんね。

 
さて、夏バテ対策となると、
どうしても、「うなぎ!」とか「すっぽん!」とか、
食事の話題に終始しがちですが、

そういったことより、
遥かに重要なのが日頃の運動や、
それに伴う体温調節能力のお話です。

 

本日は「暑熱馴化」というキーワードで
夏バテ対策についてお話ししたいと思います。

 

夏バテの根本原因は体温調節にあり

夏バテはなぜ起こるのか?

それは様々な切り口がありますが、
一番の根本は、
高い気温に対して身体がどう対応していくかということにあります。
高い気温に対して、
人の身体のホメオスタシス(恒常性維持機能)は、
体温を一定に保つために様々な対応をします。

なぜなら、高い気温に影響を受けて、
体温まで上がってしまえば、
当然、発熱状態で体調悪いですよね。

様々な身体の機能がオーバーヒートで悪くなってきます。

 
そうならないために、
血管を広げて、汗をたくさんかいて、
熱を身体の外に逃がします。

その調節機能が追いつかない場合や、
汗をかいた結果、脱水になってしまったりした結果が
熱中症になるわけですが、

そこまで至らなくても、
なんとなくだるい、疲れた・・・

いわゆる夏バテ状態になってしまいます。

スポンサード リンク

夏バテを防ぐ体温調節能力「暑熱馴化」

 

そこで身体は、
「暑熱馴化」という

体温調節をバージョンアップする能力があります。
どういうことかと言うと、

 

低い体温でも汗をかくようになり、
同じ体温でも汗の量は増えます。

さらに皮膚の血流も増加します。
早い段階で熱を逃がすようになるので体温の上昇は少なくなります。
その結果、暑さに対して楽に過ごせるようになり、
夏バテを防ぐことができるようになります。

また、汗そのものも薄い汗になり、
多量の発汗が起こっても塩分が失われにくくなります。

 

このようなバージョンアップが、
「暑熱馴化」と呼ばれているわけです。
要は、「暑さに馴れる」

ということですね。

 
しかし、毎年、冬を経て、
バージョンアップした能力は元に戻ってしまいます。

そのため、毎年、暑さに馴れる時間が必要になるわけです。

そして、まだ馴れていない時に暑さが急におそってくると、
熱中症になりやすいわけですね。

梅雨明けの熱中症が多い理由です。

 

夏バテ防止に暑熱馴化を進めるには運動が一番

 

暑熱馴化 すなわち
暑さに慣れると言うことから、
その方法はシンプルです。
究極的な方法としたら、
高温の部屋に入るか、
あるいは運動により体温を10日くらい上げ続ければ
馴化すると言われています。
しかし、もう少し現実的に日常生活の中で行うのであれば、
運動訓練を地道に継続することが有効だといわれています。

目安としては、ある程度しっかりとした運動を
時間を取ってやるのであれば、
3週間くらいで効果が出始めると考えられます。

例えば、梅雨頃から、
少し汗をかく運動を1-2時間くらい続けるようにするのがいいでしょう。

3週間で暑熱馴化というのはなかなか突貫ですから、
しっかりと時間をかけること、
そして、毎日やることが大切です。
強度は強くなくてもいいので、続けることが暑熱馴化においては重要です。

 

毎日1-2時間が難しければ、もう少し長い期間をかけて、もっと前から少しずつでも体温を上げる運動を続けていくというのもいいですね。

スポンサード リンク

この暑熱馴化の観点からは食事の効果は限定的

言うまでもないことですが、

この暑熱馴化を食事でどうにかしようというのは
無理があるわけですね。

もちろん、身体を温める食事、
身体を冷やす食事というものはありますが、
この暑熱馴化を促すレベルの変化は得られません。

 
暑熱馴化が夏バテ対策のすべてではありませんので、
食事の効果がないとは言いませんが、

肝であるのは暑熱馴化で、
それには運動が重要ということは是非知っていただきたいことですね。

診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は
関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で
時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、
それでも、患者さんの希望を、
理想的にはゴールをできるだけ掴んで、
お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

専門分野は「肩」と「スポーツ傷害」です。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ