イチローの名言で努力好きになろう!

この記事は3分で読めます

こんにちは、歌島です。
本日も記事をごらんいただきありがとうございます。

スポンサード リンク

今日はイチロー選手の名言を集めてみました。

それぞれの名言から、
あなたが感じるものを
素直に感じていただけばいいのですが、

ここではそれぞれの名言に
脳科学的な視点などから、
コメント、解説を入れていきたいと思います。

それではいきましょう!

イチローにとっての努力の定義がうかがい知れる名言

 

努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。
努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。
人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。

 

天才 vs 努力

みたいな図式で物事が語られることに
を唱えた名言ですね。

 

一般には、
努力しないと何かできるようにならない人は
天才ではなく、努力が必要な凡人

という認識だろうと思います。

 
その方が、天才と凡人をクリアにしますし、
結果が出ない人の言い訳にも使いやすいです。

 
しかし、そうではなく、

イチローは
何かドデカいことができるようになるまで努力できる人を天才と呼び、
そこまで至らない程度の努力で終わる人を凡人と呼ぶ

そんな認識ではないでしょうか?

 
「努力の天才」
という言葉もあり、
そういうことかな?とも思いますが、

少し違って、

 
努力をたくさんできる才能ではなく、

 

やはり、最終的には結果で、
「何かドデカいこと」ができるまで努力できるか

という点がポイントだろうと思います。
別にイチローはそこまで言ってませんが、
イチローの生き様からそれはうかがい知れますよね。

スポンサード リンク

イチローの自己評価基準が努力にあることが知れる名言

 

僕はいつも一生懸命プレーしていますが、今日はよい結果が出なかった。
でも、だからといって後悔もしていないし、恥ずかしいとも思っていません。
なぜなら、できる限りの努力をしたからです。

この名言からわかるのは、

イチローは自分の評価は、
自分がやるべき努力をしたかどうか

この1点にあるということです。

 
この1点を徹底して追い求めているからこそ、
常に結果を求められ、
相手が変わり続ける難しい世界の中で、

完璧な準備とぶれない姿勢を貫けるのだろうと思います。

スポンサード リンク

イチロー選手は努力が好きだとわかる名言

 

そりゃ、僕だって勉強や野球の練習は嫌いですよ。
誰だってそうじゃないですか。
つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。
でも、僕は子供のころから、 目標を持って努力するのが好きなんです。
だってその努力が結果として出るのは、うれしいじゃないですか。

そう、イチローも人の子。
単純作業の練習や勉強は嫌いなんですね。

でも、それを努力って言葉に置き換えた瞬間、
「好きなんです」
になっちゃうんですね。

不思議ですね。

 
でも、単なるつまらない単純作業と見るか、
結果に繋がる努力と見るか、

そこで嫌いから好きになっちゃう

そのメンタリティーはやはり学べるところですよね。

努力はいらない、やりたいことをやれ!

これはイチローの名言ではなく、

僕が常日頃言っていることですが、
正しいゴールを設定できて、
そこに向かう自分に強い臨場感を持てれば、

やりたいことをやることが、
すなわちゴールに向かっていることになります。

 

その状況の中で、

一般的に苦痛と思われる「努力」は必要ありません。

 

と言うと、
ここまでのイチローの名言はどうなったんだ!?

となりそうですが、

 

そこでもやはりポイントは、
最後ですね。

 

イチロー選手は努力が好きなんですね。

ツラいことでも何でもないんですよ、
本当は。

 

いや、実際はツラい部分はあると思いますよ。
イチロー選手も言ってますもんね。

 

でも、それも含めて、
楽しんじゃっている。

結局、自分のメンタルを掘り下げれば、
イチロー選手の場合は、
言っている「努力」はやりたいことなんですね。

 

イチロー選手の場合は、
ゴール設定もできていて、
それに向かう自分の臨場感も半端ない。

だから、努力といいながら、
やりたいことをやっている結果だと思います。

 

努力はツラいものではなく、
キツいもの。
でも楽しいもの。
そしてやりたいことである。

そういう境地に早めに至るのが
目標達成のコツの1つだと思います。

診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は
関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で
時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、
それでも、患者さんの希望を、
理想的にはゴールをできるだけ掴んで、
お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

専門分野は「肩」と「スポーツ傷害」です。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ