バドミントンのフットワークのコツは かかと にあり!

この記事は2分で読めます

こんにちは、歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

スポンサード リンク

本日の記事では バドミントンで重視される、
フットワークについて大切なコツをお伝えできればと思います。

その大前提として考えてほしいこと
「脱力」ということについて
こちらで解説しておりますので、ご参照ください。

バドミントン フットワークの鍛え方の大前提はこれ!

バドミントンといえば、

やはり、前後左右に動きまわって
バドミントンのシャトルを打っては
また素早い切り返しで
相手の繰り出すショットに対応していく。

そんな、様々な方向に機敏に動いていく、
フットワークが大事なわけですね。

バドミントンフットワークのありがちな間違い

そんなバドミントンフットワークにおいて、
ありがちな考え方の間違いは

機敏に動きたいがために
つま先だけを使って、
ちょんちょん動くようなフットワークです。
一見、機敏に動けそうな、
つま先フットワークですが、
一番の問題点は、
筋肉の緊張状態が続くということです。

先ほどもリンクをした、
バドミントン フットワークの鍛え方の大前提はこれ!
こちらの記事にあるように、

脱力がないフットワークは問題です。
そして、つま先だけでフットワークをしようとすると、
常に下腿三頭筋、つまりかかとを上げる筋肉が
緊張した状態になってしまいます。

これでは機敏に、対応力のある
フットワークなど無理と言うものです。

スポンサード リンク

バドミントンフットワークの支点という視点

そこで、
かかと「も」使ってほしいわけです。

例えば、前に進むときの
スタートをイメージしていただくと、

一般的に、つま先で地面をけるイメージになると思います。

とすると、かかとを地面につけるのは
逆に遅れてしまうと思うのではないでしょうか?
しかし、重心と支点という考え方を持っていただくと、
その考え方を切り替えられるはずです。
では、直立した形で
つま先が地面についている状態と、
かかとが地面についている状態を比べてみましょう。

空白ページ

図にあるように、

つま先が地面についている状態は、
つま先が重力の支店となり、
作用点が重心となり、
結果、重力はむしろ後ろにすすむ力として作用します。
それに対して、
かかとが地面についている状態は、
重力はやや前進の力として作用します。
つまり、身体を動かす上で、
軽視できない重力という力を活かすのに、
前進する場合はかかと支点にすべきということです。

バドミントンフットワークの反射という視点

また、反射という視点も持っていただきたいと思います。

ここでいう反射とは、
筋肉、腱の伸張反射のことです。

筋肉や腱は、急に引き伸ばされると、
防御反応として、
縮もうと緊張します。

つまり、筋力が発揮されるわけです。

 

瞬間的な動きにおいては、
この伸張反射を利用しない手はありません。

スポンサード リンク


先ほどと同じ、
前進を例にしてみると、

つま先だけのフットワークでは、
足首周りは緊張して、
反射を引き出すことはできません。
それに対して、
スタート時に瞬間的に踵(きびす)を踏む、
すなわち、つま先立ちからかかとを地面に接地させると、

先ほどのように、
支点は前進するに適した状態に近づき、
さらに、下腿三頭筋というかかとを上げ、
つま先で蹴る筋肉に反射が起こります。

 
そのため、重力と反射を両方とも利用して、
前進することができます。
これが、バドミントンのフットワークはかかとも使おう
という意味です。
当然、前進だけではありませんから、
同じような考え方で、
あらゆる方向へのスタートに足全体を使っていくという
考え方が必要です。
ぜひ、実践に活かしてみてください。

診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は
関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で
時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、
それでも、患者さんの希望を、
理想的にはゴールをできるだけ掴んで、
お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

専門分野は「肩」と「スポーツ傷害」です。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ