テニス肘の治療ならテーピングが必須!貼り方動画も紹介 専門医解説

この記事は3分で読めます

こんにちは、歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

スポンサード リンク

今日はテニス肘と呼ばれる、
上腕骨外側上顆炎の治療に対する基本の考え方と、
それならテーピングが必須になる

ということをできるだけわかりやすく
解説したいと思います。

テニス肘とは?

まずテニス肘とはなんぞや?
というところから入りましょう。

テニス肘とは、
テニスのバックハンド打ちの繰り返しでなりやすいので、
そのように呼ばれています。

バックハンドの時に、
肘の外側が痛くなるのが典型的です。

正確には、
上腕骨外側上顆炎といいます。

上腕骨外側上顆を触ってみよう!

上腕骨とはそのままですが、
上腕の骨ですね。

肘から肩にかけての骨です。
そして、その上腕骨の中でも
肘の外側にでっぱった部分があります。

それが外側上顆です。
肘の外側にはよーく触ると
2カ所出っ張りがあり、

上腕を固定して、前腕を回内外
(きらきら星の動作)
すると動くのは、
橈骨頭と呼ばれる、前腕の骨の出っ張りです。

そのすぐ、上に、
前腕を回内外しても動かない出っ張りがあり、
それが上腕骨外側上顆になります。

いかがでしょうか、
触れましたでしょうか?
その外側上顆に炎症が起こるから
外側上顆炎と言うわけですが、

スポンサード リンク

外側上顆炎(テニス肘)の原因は?症状は?

なぜこの出っ張りである
外側上顆が炎症してしまうのでしょうか?
それはこの出っ張りの役割に原因があります。

その役割とは、

筋肉の付着部であるということです。
試しに、
手首を背屈(反らす)してみたり、
指を伸展(伸ばす)してみたりしながら、

前腕から外側上顆までを触れてみてください。
動かすたびに、
筋肉の収縮を感じると思います。

そして、その筋肉の走行が、
外側上顆に集束していることがわかります。
つまり、手首を背屈し、
指を伸展する筋肉が外側上顆にくっついています。
ここで、テニス肘の由来を振り返っていただくと、
バックハンドでしたね。

バックハンドでは、
重みのあるラケットを、
さらに遠心力にも対抗しながら、
スイングするときに、
ラケットの面を調節するために、
手首の背屈する筋肉が緊張します。

この繰り返しで、
筋肉も疲労しますが、
筋肉の付着部である外側上顆にも
負担がかかっています。
つまり、オーバーユースによる炎症が起こるわけです。
これと似たようなことが、
例えば、デスクワークでも起こります。

パソコンのキーボードをたたく、
マウスを操作する
などは、実は手首を背屈させた状態を
キープしますよね。

これを長時間していると、
それも外側上顆炎の原因になります。
他には、
重いものを持つときに、
掌を下にして持つと、
手首を背屈する筋肉が緊張しっぱなしになります。

それも原因として多いですね。

外側上顆炎(テニス肘)の治療はテーピングを基本に

そう考えると、
治療としては、

炎症を抑えることになりますよね。

それには消炎鎮痛剤の内服や湿布、塗り薬、
時に注射などが行われます。

それはある意味、
対症療法と言われます。

起こってしまった炎症を、
薬で抑えるという治療です。
さらに、根本、
原因から改善するには、

オーバーユースを是正しなくてはいけません。
オーバーユース、すなわち使いすぎ、
特に手首を伸展する筋肉に負荷がかかりすぎる状況を
改善する必要があります。

それには、身も蓋もありませんが、
安静、使わないことが1つですが、

そうもいかないのが、
アスリート、スポーツマンですね。
そこで、筋肉の負荷を減らす
ということが大切なわけですが、

そのためにテーピングを使うのがいいです。

スポンサード リンク

テニス肘のテーピングの2つのコンセプト

その基本コンセプトは2つで、

1つは筋肉の収縮において、
外側上顆を引っ張る力を一部、
ブロックしちゃうということです。

それには外側上顆より手首よりを、
締め付けすぎない程度に、
締め付けると、そこで、
筋肉が外側上顆を引っ張る力を
ブロックすることができます。

当然、締め付けすぎると、
血の巡りが悪くなり、
神経を圧迫し、
しびれたりしてきますから、
絶対に避けてください。

 

この原理で作られたのが
こういうサポーターですね。

 

もう一つのコンセプトが、
筋肉の収縮力をサポートするということです。
このテーピングには伸び縮みするテープを使用して、
そのテープが縮む力を利用して、
筋肉の収縮力をサポートして、
筋肉の負担を減らすということですね。
実際の貼り方は
こちらの動画をご覧ください。

このテーピングにて、
まず日々の負荷を減らすことで
根本であるオーバーユースを改善する。
その状態でさらに
対症療法である薬や時に手術をしたりもしますが、
治療をおこなっていく
というのがお勧めの方法になります。

参考になりましたら幸いです。

診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は
関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で
時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、
それでも、患者さんの希望を、
理想的にはゴールをできるだけ掴んで、
お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

専門分野は「肩」と「スポーツ傷害」です。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ