努力不足で悩んでいる人への処方せん スポーツドクター解説

この記事は3分で読めます

努力できているか自信がない
自分は努力不足なんじゃないか?

という悩みはよくいただきます。

その悩みに対して、努力というモノを、そして自分の自己評価というモノを掘り下げて考えていただくと、面白い結論に至ります。

この考え方は努力不足で悩んでいる人への処方せんになると思いますので、おつきあいください。

こんにちは、整形外科医でスポーツメディカルコーチの歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

辛い思いをしてやりたくない努力をする必要はない

努力できているか自信がない
自分は努力不足なんじゃないか?

という悩みに対して、

まず大原則としては

まず辛い思いをしてやりたくない努力をする必要はない

という原則があります。

オーバートレーニング症候群,予防

have to : しなくてはならない

は一切必要なくて、

すべて

want to : やりたいこと

100%

というのが脳の使い方として
パフォーマンス的にも成長的にもいいということです。

 

でも、誰だってキツいトレーニングなんてやりたくないんじゃないか?

と思いますよね。

しかし、

イチロー選手が

「このトレーニングはキツいからやりたくないなぁ、どうしようかなぁ」

と悩んでいるでしょうか?

羽生結弦選手も
おそらく自分を追い込むようなキツイ持久系トレーニングも
しているでしょうが、
(それがないと、あの後半の粘りはでないでしょう)

それは

このトレーニングはキツいけど、
あの思い描くパフォーマンスを達成するには
これをやっているのが当然だな

という意識でトレーニングをしているのではないでしょうか?

あくまで推測ですが。

努力が「やりたくないこと」になっている原因

つまりは、
自分の目指す像(イメージ)が「鮮明に」「クリアに」「臨場感持って」描けていれば、

周りの人がやりたくないだろうなと思うようなことでも、
やりたいことになるか、やって当然のことになります。

逆に言うと、

本当は必要なんだろうなぁと思いながらもやりたくない

どうしようか

と思っているうちは、

その目指す像(イメージ)がクリアじゃない可能性があります。
その場合はとことんイメージトレーニングです。
具体的な方法は語り尽くせませんが、
どんどん鮮明にしていくということですね。

 

イメージが鮮明である場合のもう一つの可能性は、

やりたくないと思ったことは
やらなくて正解であるということです。

その場合は、目指す像(イメージ)を実現するために
他の方法があるということを探すことになります。

努力不足・・・それでいい!

ただ、ここまでは努力しているか自信がない
という悩みに対する回答としては不十分で

前提条件をお伝えしたに過ぎません。

では、努力しているか自信がない
という思いのときにはどう考えればいいのか?

ということですが、

シンプルな結論としては、

「それでいい」

ということです。

その背後にある考え方としては、

まずは前回解説したことです。

「辛くてやりたくない努力はやらなくていい」

逆に

もし努力しきっている
もう限界!

って変に自身を持っているときって、

辛くてやりたくない努力も無理してやっている

だから限界

ということなんだろうと思います。

それこそ問題です。

 

そうやって、やりたくもない努力をやっていると

脳の働きによって、
すぐに限界を感じさせます。

やりたくないことをやめさせようとする脳にとっては
自己防衛機能であるわけです。

そして、そのやりたくないことをやっているときの
脳の働きは生産性が落ちて、
成長からは程遠い状態です。

これらの脳の自己防衛本能が引き起こす
最悪の結果の1つが怪我や障害です。

そういう意味では

もしきつい練習でも
やりたくない状態ではやってはいけません。

キツくても、やりたいと思えるまでは
やってはいけません。

これが「努力できているか自信ない」
は「そのままでいい」

といえる根拠の一つ目です。

ゴールに向かっている人は常に自分を過小評価している

努力しているか自信がないのは

「そのままでいい」

という結論の根拠の2つ目として、

ゴールに向かっている人にとっては
常に自分を過小評価している

ということがあります。

「常に」

です。

これも詳しく説明しだすと1つのメールでは
語り尽くせませんが、
シンプルに解説します。

 

ゴールに向かっている人は
未来志向です。

現状よりはるかに高いゴールを達成する自分を脳に描いていくのが
そのプロセスの中心です。

とすると、現状の努力なんてのは
それは不十分に決まってるんです。

もっとできる自分がいる

と思うから、自信がないんですね。

 

だから、「それでいい」んです。

 

ただ、この根拠をもとにもう一歩進むなら、

自信をもって
今の努力は足りない、
もっとできるに決まってる

と言える、思える状態の方がさらにいいですね。

まとめ

今回は努力不足で悩んでいる人への処方せんとして

  • やりたくない努力はやらなくていい
  • 努力不足を感じていい

ということを解説いたしました。

痛み、障害、挫折、悩みなどマイナス状態からゼロに戻すだけでなく、さらにプラスへ持っていく方法や考え方についてはメールマガジンで解説していますので、興味が持っていただけましたらご登録をお願いします。

診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診察ご希望の方
当サイト管理人 歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師

川崎市立井田病院
景翠会 金沢病院
さくら通り整形外科

各非常勤医師

関東の複数病院において外来診療・手術を行っている。
ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

歌島のプロフィール
診察のご相談

アーカイブ