コンセプト&コーチ紹介


歌島 大輔 Utashima Daisuke

生年月日:1981年5月7日
身長:179cm
体重:72kg
体脂肪率:14%
出身地:茨城県(生まれは広島県)
職業:整形外科医師(整形外科専門医)
専門:スポーツ医学、肩関節、関節鏡手術、スポーツコーチング
得意スポーツ:野球、サッカー

こんにちは!
今現在、整形外科の医師として、
0歳から100歳まで、
痛みや動きにくさに悩まされる人、
スポーツや運動をする人の、
骨、関節、筋肉など運動に関わる部位を
治療、手術しています。

また、勤務医としての仕事以外にも
スポーツドクターとして活動していて、
高校や大学の野球部、陸上部などのメディカルチェック、
トレーニング指導、メンタルトレーニング指導などを行っています.
IMG_3435.JPG
(超音波を使ったメディカルチェック)

そんな私の幼少期は、
プロ野球選手を目指し、
うまくなるために
野球やトレーニングの指導書から、
自己啓発書まで読みあさる、
やや頭でっかちな珍しいスポーツ少年でした。

高校では甲子園常連校に入学したものの、
一般入学の生徒は野球部に入部できない
という現実を突きつけられました.
このシステムは強豪校には多いのですが、
過去で才能で人を判断する
残念なシステムだと今でも思います.

しかし、当時自己主張をしなかった、

「それでも野球部に入りたいんです!」
と言わなかった自分に対する思いの方が強く、
自己主張を自信もってやっていく大切さを感じています.

しかし、あきらめの悪い私は
大学の医学部に入学後も、
自分でスポーツ医学を学び、
日々パフォーマンスをあげるトレーニング、練習を実践していきました。

ただ、独学では限界があったのか、ケガを繰り返し、
パフォーマンスは落ちる一方でした。
そして、大学2年の冬に決断しました.
スポーツ医学を究めて、
ケガをしないでかつ、
どんどんうまくなる方法を確立して、
スポーツ選手を手助けする仕事を追求していこうと。

そして、

「才能なんて言い訳にするな!」

「大丈夫、お前ならやれる!」

と情熱を持った選手に言えるようになろうと。

そして、今、
ライフワークとして

試合に勝ちたい!うまくなりたい!
と望んでいるスポーツ選手や
またスポーツ指導者を対象に
SMC(スポーツメディカルコーチ+スポーツメンタルコーチ)として、
指導、情報提供をしています。

SMCのコンセプトは

  • カラダとココロをスポーツで変革する
  • 脳を徹底活用
  • スポーツ医学とコーチングの融合
  • スポーツ現場と医療現場の融合

「からだ」(=メディカルコーチング)としては
ケガにも、相手にも勝てる
強くしなやかな「からだ」作り、
理想的な動き・フォームをマスターし、
まさにハイパフォーマンスを生み出す
「からだ」の使い方を指導します。

「こころ」(=メンタルコーチング)としては
プレッシャーに強い、本番に強い「こころ」、
努力を自然と続けられ、着実かつ速攻で成長できる「こころ」を作ります。

自分はスポーツドクターでもあり、
スポーツコーチでもあるので、
カラダとココロの両面から

科学的にも検証され、成果が上がる
方法論を研究し、指導しています.

詳しくはこちらの動画をご覧ください.

是非、一緒に日本のスポーツ界を、
ケガのない、みんなで「こころ」も「からだ」も
成長できる世界に変えてしまいましょう。

文献報告/学会発表

・複数の大学アメリカンフットボールチームにおける傷害調査報告―第1報―
日本整形外科スポーツ医学会雑誌 巻:33 号:3 ページ:316-320 2013年

・肩関節部に発生した滑膜性骨軟骨腫症
JOSKAS 巻:38 号:4 ページ:435 2013年

・足部に発生した滑膜性軟骨腫症の1例
整形外科 巻:63 号:2 ページ:142-145 2012年

・坐骨神経に発生した神経内ガングリオンの1例
整形外科 巻:62 号:5 ページ:442-445 2011年

・足趾末節骨に発生した軟骨肉腫の1例
整形外科 巻:62 号:10 ページ:1105-1108 2011年

・手関節に発生した滑膜性骨軟骨腫症の1例
関東整形災害外科学会雑誌 巻:42 ページ:137 2011年

・関節外に進展した滑膜性骨軟骨腫症の1例
関東整形災害外科学会雑誌 巻:42 号:3 ページ:199 2011年

・野球選手に発生した肩甲骨関節窩離断性骨軟骨炎に対して関節鏡視下骨釘移植術を行った1例
Osteochondritis Dissecans of the Glenoid in a Baseball Player Treated by Bone-peg Grafting. case Report
臨床整形外科 巻:45 号:8 ページ:749-753 2010年

田地野 真也

年齢:28歳
身長:173.0cm
体重:67.0kg
体脂肪:14%
出身:新潟県
専門:スポーツ医学,肩
得意スポーツ:サッカー

こんにちは!
病院という医療の場で
理学療法士をしています。

理学療法士というのは、
いわゆるリハビリのスペシャリスト。
リハビリはケガや病気の方に対して
行うものですが、
その知識は身体作り、
パフォーマンスアップに対して
絶大なバックアップを可能とします。

つまり、ケガをせずにうまくなる方法を
提案するのにはもってこいの仕事なんですね。
その仕事の傍らで、
情熱を注いでいるのが大学生、高校生の
スポーツ活動に対するサポートです。

僕自身、スポーツを通じて得たものは多く、
その力に惹かれてこうして活動していますが、
それを子供から大人、
競技者から愛好者にいたるまで
スポーツを通じて体感してもらいたいので、
当サイトのスタッフとして関わらせて頂いています。

当サイトでのブロク発信だけでなく
個人的にFacebookでも情報発信していますので、気軽に友達になって下さい。

僕自身、幼少期からサッカーを
経験してきていることもあり、
スタッフの中ではサッカー部門に対して
強みを持ってやっていきたいと思っています。
当サイトを通じてスポーツのもつ力を体感して、
一緒にその喜びを感じましょう。

鶴谷 和広

年齢:25歳
身長:174.0cm
体重:64.0kg
体脂肪:14%
出身:群馬県
専門:スポーツ医学
得意スポーツ:バスケットボール、スノーボード

こんにちは。
私は群馬県の急性期病院で理学療法士をしています。
いきなりですが、急性期病院とは…?
事故や怪我等で緊急性、重症な状態にある患者様に対して入院や手術、検査等行い、高度な医療を提供する病院のことです。
患者様の年齢層は本当に幅広いです。
その中には、スポーツで怪我をした患者様ももちろんたくさんいるわけですが、怪我をしてしまうとスポーツに没頭する時間が削られてしまいます。
「怪我をしない身体」
スポーツをしている方全員がこの身体になれば…
という思いが今の私を変化させました。

年齢問わず、
スポーツをしている方全てが「怪我をしない身体」作りを行えるよう、
また、
スポーツにおいて悩みがある方へ
サポートしていきたいと思い、
当サイトのスタッフとして関わらせていただきます。

私は幼少期からバスケットボールを経験してきており、
現在も社会人チームの一員として活動しています。
また、大学時代からスノーボードの経験もしてきているので、
スタッフの中ではバスケ、スノーボードに強みを持っていきたいと思います。

個人的にFacebookもしていますので、
気軽に友達申請してください。

フィジカル、メンタル
どちらの怪我の心配も0となるようなスポーツ界にしていきましょう。

スポンサードリンク

無料7日間集中ビデオ講座


■ご登録はこちら↓

お名前
メールアドレス
詳細はコチラから。

アーカイブ